Home > チャンピオンズリーグ
2013.06.02

CL決勝観戦記(5/25)

・23時から会場の渋谷に移動。目的は、この日深夜(3時半)からのCL決勝観戦。このお店は深夜2時までなのだが、決勝のために開けてくれるらしい。チェルサポ男子とその知り合いのみなさんと合流したが、酔いが覚めてくるにつれていつもの人見知りモードに。あとで「最初は楽しそうだったのに…」と指摘される。ほんとに自分って知らない人と話すのが苦手。超内弁慶。
・長丁場で、途中で疲れてきたので近くの福岡天神ラーメン屋に移動。ねぎらーめん美味しい。
・決勝始まる。会場は聖地ウエンブリーなのに、対戦相手はドイツのバイエルン・ミュンヘンとドルトムントである。「そんならベルリンでやればいいだろう」とか「ウエンブリーを返せ」とか言ってたら店員N君に「(チェルシーが出ていないという)悔しさのあまり、饒舌になってますよ」と指摘される。み、見ぬかれている。
別にどっちが勝ってもどうでもいいのだが、どっちかというとドルトムント寄りで見ていた。今日は、元チェルシーのアリエン・ロッベンが不調である。彼はチェルシーには全然思い入れがないらしいが、私はチェルシー時代に好きだったのでなんとなく心情的には応援しているから同情。さらにチェルシー時代にはまだあった髪の毛がほとんどなくなっているのでさらに同情。ツイッターにも「今日はロッベンの日ではないのか」のツイートが並ぶ。私もそう思った。しかし、最後に決めたのは彼であった。
・ロッベンは去年の決勝、つまりチェルシー対バイエルン・ミュンヘンにおいてPKを外し、ショックでその後のPK戦では蹴ることを辞退した。悔しかったとインタビューでも述べていた。しかしこの日の優勝により心の傷は癒されたと思う。
・誰かが言っていた。「チェルシーが、あの日のモスクワ(CL決勝でPK戦で負けた)からミュンヘン(去年の優勝)まで何年間待ったと思ってるんだ。なのにバイエルンは翌年に優勝した。早すぎる」と。それを考えるとやっぱり悔しい。うらやましい
・ヨーロッパリーグで優勝したのは、意外と嬉しかった。これまでヨーロッパリーグは「CL落ちこぼれの2軍たちのための救済策」としか思ってなかったが、優勝したら「いや、これは重要なトーナメントだ」と思えるから人間って不思議である。でも、やっぱりうちらくらいのチームになったらCLで苦しみながら戦い抜くのが当たり前なのである。チェフもトーレスも「ELはもうこれで最後にしたい」と言っていた。
・とにもかくにも、チェルシーは欧州を連覇しているのである。かなーり変則的だけど。これで来季、「EL飽きたから」といってCLに優勝しようじゃないか。そして文句なしの欧州3連覇と行こうじゃないか!
・6時くらいの朝の地下鉄に乗り、フラフラと自転車をこいで帰宅。日曜の朝の電車って意外と人が乗っているんだね…朝日がまぶしかった。

・(ところでバイエルン対ドルトムントの話はどこへ行ったのだ?)

2009.11.05

Atletico Madrid 2-2 Chelsea

 祝 グループステージ突破!

 いえ、優勝するためにアンチェロッティを呼んだチームですから、こんなとこはまだまだ2合目なんですけどね。
 翌日に録画を見たので、その時ついたーでつぶやいていた内容を再録します。
 私の中ではドログバの2点目でこの試合は終わっております(笑)


・なにーアトレティコ、CLでこれまで得点なしだったのか。
・シナマ・ポンゴール(通称しなポン)懐かしー。
・ジョーさんやっぱりスタメンでしたねー。なんたってチェルシーの10番はあんたなんですよ。ドログバは11番なんですよ。それにしても、なんかドログバをカルーと組ませたり、でもアシュリーは出したり、本気なのかお休みモードなのかはっきりしないチョイスだな。
・ベレッチもスタメンは妥当かな? ビセンテ・カルデロン、音響が悪くないですか?
・らんちゃんがまた1人反省会してる…クロス出したけどファーサイドは誰もいなかった。萌え萌えです。ジョー@センター! ファーに走れ!!(無理)
・エシアンとレジェスの衝突シーンは「ででん!」という音が聞こえてきそうな迫力だった。
・と言ってたらレジェスにシュート蹴られた。チェフ、ナイス!
・あ、映像が止まった!
・ほほう、監督はジョーみたいなタイプが好き、と・・・嬉
・CASの話はもういいよ・・・
・ジョーのヒールに萌え。
・アンチェロッティがドログバに対して「去年何があったかは聞かなかった、出場停止だった3試合の間にどんなことがあったかについてだけ話をした」とか言ってたが、男前だと思った。
・しなポン、あんなマルーダにも負けない凝った髪型してたのにいまや坊主ですか。めんどくさくなったのね。きっとそうね。年取るってそういうことよね。
・どろさんヘッドのクリアも絶品だわ。わーらんちゃん枠外。ボールの持っていき方は良かったが。また反省会中。レイ・ウィルキンスが吉本新喜劇ばりのずっこけー。
・前半終了。両チームあまりチャンスなし。
・後半開始。ジョーさんなんか体絞れてない? 顔つきが精悍になったような。HTのBGMはMJの「ビリー・ジーン」。これ、ストーカーだった女についての歌なんだけどみんな知ってるのかな? Billie Jean is not my lover
・どろのFK惜しいー。
・フン、来たくない奴ぁ来るな!>アグエロ
・三浦氏「CLは、狙えば狙うほど大きく掲げるほど、なんとなく難しくなってくるような気もしますしね」…余計なお世話だ。根拠がない。頑張ってる選手を前になんてこと言うのか(怒)
・アレックス、相変わらず大味・・・・・・
・ひょー。バラックが救った。
・テリー君、新米オランダ人審判に因縁。
・ありゃっ、今日の壁隊長はランパードですか。珍しい。チェフ、ナイスキャッチ。
・アグエロのゴール。ムカー
・姐投入。がーんジョーさん交代。
・デコっちそれ決めてー
・ゴールのにおいがせん。
・と思ったらセットプレーでどろキタコレーーーー!!!
・なんか簡単そうに決めたなードログバ…2人ついてたのに。
・すごい高いジャンプだチェフ…実況誰も指摘してないけど、すごいことだ。
・うおーーーーすげええええええええええドログバ。野村さん「1人で決めましたドログバ」
・こんな選手、どんなチームだって欲しいわ。2人かわして、キーパーに当たったのをもう1度蹴りこんで。
・アシュリー(彼もGJ)からパスもらったの、ほぼセンターラインの位置だもん…「真のストライカーですねえ」

 そして今週末はついに大一番。
 漫遊はホームで3失点してますし、DFの穴を突くなら今だあ!

2009.10.02

Apoel Nicosia 0-1 Chelsea

 録画で見ました。

・チェルシーのサードユニはちょっと白組のと似ている…横じまだけど。
・中継で最初に映ったのがジョー君だ~
・アポエルのユニは、チェルシーのセカンドユニの配色と激似だ。
・アシュリーのスタメンは大フェイントだな。
・アップ中のらんちゃんが美しすぎるわ。
・チェフの一発レッドは厳しすぎる、と三浦泰年氏
・エシアンの左足ミドル、ごいす。
・らんちゃん、ウィガン戦ではFKの精度がイマイチだったが今日は軌道修正しているようだ。
・右サイドはボジングワの2番手はぱうろんではなくイバノビッチなのかしら…。らんちゃん、なんかいつも歩きながら反省しているように見える。
・ベレッチいい仕事した!
・チェフ滑ってヒヤリ。芝が悪いのかしら。
・前半終了。う~ん。この間の動きよりはましだと思うんだが、なんだかんだ言って阻まれていてshots onはなんと1本。向こうが決定機はずしてるのに助けられてる。カルーさんにはもう少し頑張ってほしいところ。ヌーノ・モレイスの活躍シーンはなし。
・後半。ジョーさんは先週末、風邪だったとは…
・舌をぺろっと出してる姿もかっこいい美男子は、地球上にランパード以外いるだろうか?
・後半、パスカットされるシーンが…アシュリー、GJ。こんなことしてたらトーレスにやられるぞ!
・チェフ、左足1本で止めてる…やっぱりチェフはチェフだ!
・でこっち登場。カルーと交代か…ってところで裏取られる。おいおいーあれはパスじゃなくてシュートだろう。敵だけど(汗)
・でこっちは結局ベレッチと交代。元バルサの絆(?)
・いやいや~~アポエルの詰めの甘さに助けられてるなー……
・イバちゃんのクロスからのシュートを右に思いっきり外すらんちゃん…戻りながらまた反省してる。萌えだ。
・このずんどこずんどこ……っていう太鼓がイヤだわ。
・らんちゃん、ドンピシャなところ(=自分で指さしてた)にイバノビッチからボールが来たのだがちょっとタイミング合わなかった。映ってなかったが、また反省しているだろうと思われる。
・たぶんランパードシニア父ちゃんも来ていただろうから、試合の後で会って、ビール飲みながらあそこではああすりゃよかったとかこうすりゃよかったとか、話し合っていたとしたら萌える。(妙なサッカーの見方をしている)
・カルーと交代で、つつつついにジョーさんが来ました!!!!!!!!!
・ジョーさんファンとしては、こねているところも好きなのですが、彼の守備に注目したいと思います。モウさん見てなくても、ファンは監視しています! そして、守備をさぼっていたらイタリアまでチクりますよ。
・三浦さん、1プレイで選手の試合勘を判断しないでください。
・ふわー、リッキーまたパスミス…ありえん。プレイが軽い。カバーしたアシュリーの背中が怒っている。
・チェルシーもアポエルも、「ここぞ」ってところでボールを託せる人がいません。前線に姐しかいない状態も。アポエルはあわやってところでヘディング打ち上げてくれたり、チェルシー助かってる。
・そんななかでも、テリー君は常に緊張感を持って当たっているな。キャプテンはこうじゃないと。
・テリー君、ボールをキャッチしたチェフにぶつかっていったアポエルの選手を突き飛ばす。怒れる闘将。
・試合終了。勝ったことはもちろん良かったし評価したい。が、なんなんだろうこの重さ。

2009.09.16

Chelsea 1 – 0 FC Porto

 起きられなかったのでこれから録画を見ますが、なかなか難しい試合だったようで…
 まあ、勝ちは勝ちですよ!

 さっきTwitterで「ユベ対ボルドーの再放送を見てるんだけど、この審判はあの審判ですか?」というつぶやきがあったので見てみたところ、この審判はまさしくあの審判ではないですか!
 私の今の気持ち:「でさおjわkjぇふぇじゃいふぁpfぱうpふぉうあおps」(※文字化けではありません。あふれる感情をおさえているだけです)

2009.08.29

ベンゲル「エドゥアルドの処罰は、まるで魔女狩り」

Wenger: It’s a witch hunt(The Sun)

 まるで魔女狩りだ。マラドーナの「神の手ゴール」だって、罰せられなかったではないか。
 私は100%、ダイブには反対だ。しかし、今回のことはまったくの侮辱だ。UEFAの処罰は受け入れられない。
 私たちは、チームの選手を守る。出来る限りのことをする。

 審判をだまそうとしたディフェンダーは、全員罰せられているだろうか? そうでないのなら、なぜ罰しない? どのくらい多くのディフェンダーが、ストライカーのシャツを引っ張っているだろうか? これだって、審判をだます行為だ。では、なぜ罰せられないのか?
 セルティック戦のことを言うなら、その面についてはなぜ処罰しようとしないのか。

 議論の余地があるのは、あれがペナルティだったかどうかだ。なのに審判たちは「エドゥがダイブしたかどうか」で判断している。だから私は同意できないのだ。
 彼らは、非常に危険な扉を開いてしまった。今回のことは、審判の判断にはすべて異議を申し立てることができることを意味する。であるから、私たちはこれからヨーロッパの試合における審判の判断にはすべて、異議を唱えさせてもらう。絶対だ。

 ドログバとボジングワの処罰も、なかったことにする方向で!(笑)

2009.05.28

漫遊さん…

なんやら、CL決勝ではリーグでの強さを出せなかったそうで。

途中5分くらいしか見てないので(たった5分しか見てないのに、ご丁寧にはかったかのようなタイミングで「昨年、マンUはチェルシーを破って優勝…」とか言ってくれちゃったのですかさず極東から「破ってない!!!」と突っ込みましたよ♪)、なんとも分からないのですが、大一番なのに泣き虫ワントップという「???」な実験をしてたみたいで、右でルニ坊が一生けんめい走ってました。確かルニ坊、「白いユニで、大耳掲げる夢を見たっぺ!」とか言ってたようなので、それは逆夢だったのか、人に言ったから正夢にならなかったのか? 相変わらずキャリックはすっとこどっこいな感じで(お前はスパーズに帰れ)。

まあいずれにせよ、

チェルシーには、関わりのねぇことでござんす。

(古い…誰か知ってる?)
チェルシーはFAカップに全力投球なのでござんす。

あ、そうそう、知り合いが「ヒナキさんがあまりにサッカーに熱心なので、私もちょっとサッカーニュースを見てみました。メッシ って人、結構イケメンじゃないですか?」とメールを送ってきたので、(以下省略)
Excuse my French♪

2009.04.30

分かりきってることは、確認する必要なし

今それほどほかのブログや掲示板を見ているわけではないのであまりよくは知らないのですが、TBをもらったりmixiの一部で見た限りでは、バルサファンが昨日の試合のチェルシーについていろいろけちをつけているようすで、それに対してチェルシーのファンの一部が怒っているという…

私が言いたいのは、「わざわざ敵チームのファンがどう言っているかを見に行かなくてもいいんじゃないか」ということです。だって、大体どんなことが書いてあるかは火を見るより明らかじゃないですか。
以前にも書きましたが、敵味方がある以上、自分の好きなチーム寄りの見方をしてしまうのは当たり前のことでして。そりゃ、チェルシーファンがバルサファンの感想を聞けば、大なり小なりカチンと来るのは仕方ないことだと思います。「チェルシーの守備はすばらしい!」なんて書いてる人がいるとは思えないし、冷静で客観的な見方をしている人すら、そうそういないはず。
それは、チェルシーファンだって同じです。もちろん私も。

もしチェルシーが攻めてて、バルサでも漫遊でもりばぽでもいいのですが相手が引き引きで、ホームなのに無得点に抑えられてしまったら、そりゃむかつくと思いますよ。
だって、攻撃的なチームと言われてきたのに、攻撃させてもらえなかったんですもの。
ホームなのに、0点だったんですもの。
「今季は、引いたチームにむしろ強かった」((c)倉敷氏)チームだけに尚更。

だから、むかつくのが分かっているものをわざわざ見に行くような無駄なエネルギーは使わないほうがいいんじゃないかということです。
「ご心配なく、私はエネルギーが有り余っているんで!」という人を止める権利は私にはないですが、わたしゃもう年なんで、心穏やかな日々をすごしたいんですわ…(笑)
ポストが赤いのを知ってて、わざわざ確かめに行って、戻ってきて「やっぱ赤だったわ!」とみんなに言うことにどういう意味があるのか私には分からないのです。赤だって知ってるんなら、「ポストは赤いよなー」と思ってればいいじゃないですか。確認の必要なし。
それよか、気心知れたチェルサポどうしで、次の試合はどう攻めるかを議論したほうが前向きなような。

そう、土曜日はウエストロンドン、ダービーでっせー!
ぜ~~~~~~~~~ったいに、勝たないといけません。
りばぽにダブル食らおうが、漫遊にいたぶられようが、ダービーだけは負けてはいかーん!!!
今季は特に、年末、最悪だった時期にアウェーで引き分けてますからね…
バルサもクラシコで大変でしょうが、うちらだって大変なのですよ。

2009.04.29

チェルシーは勇敢な英雄か、世をすねたぶち壊し屋か?

Are Chelsea brave heroes or cynical spoilers?(Times)

 グアルディオラが「アタッキングフットボールをやっていたのは1チームだけだった」とか言ってることについて。

Matt Dickinson claims Chelsea did nothing wrong. “We came expecting a display of football’s arts and we got one – in smothering tactics,” he said, adding, “it is what Chelsea did last night throughout the entire 90 minutes; not cynically, whatever the howls of the Nou Camp crowd may have told you, but obdurately and in a way that only a team as experienced and physically strong as Chelsea could.”

私たちはフットボールの技術を見ることを期待してやってきた。そして、「相手を窒息させる戦術」というのを見せてもらった。それこそ、チェルシーが90分間やっていたものだ。
彼らは斜めに構えているわけではない。カンプノウの群集がどうわめこうとも、経験がありフィジカルも強いチェルシーのようなチームだからこそできた戦術である。

Tony Cascarino agreed. “It was Chelsea’s turn to park the bus in front of goal,” he explained. “You can’t blame them, given the hidings that Lyons and Bayern Munich suffered at the Nou Camp this season.”

ゴールの前にバスを停めたのはチェルシーのほうであった。
リヨン1やバイエルン2がカンプノウでどんなことになったかを考えれば、彼らを責めることは出来ない。

 それに、攻めてたよドログバは。
 誰かさんが変なバックパスした時とか。


Close to perfection! Terry hails Chelsea heroes after blocking out Barca(Mail)

 ほぼ完璧な出来だったんじゃないかな。監督もクラブも、俺たち自信も誇りに思ってるよ。間違いなく、自分がプレイしたなかで最高の試合のひとつだった。
 中盤も良かったけど、俺たちはチームとして一丸となって守備をした。けど、まだ半分しか終わってないからね。
(テリー)

 ちょっちヒヤッとしたところもありましたけどね。
 バラックがカリカリしてたのとか、マルーダがやり合ってたのとかもあったし…3
 でもほんと一丸となって守ってたよ。
 セカンドレグにはアシュリーが戻りますが、バルサはラファエル・マルケスが怪我、プジョルが累積で出られないそうです。


Lampard: Barca job is half done(Sun)

 次はホームといえども、簡単な試合にはならないと思う。失点しちゃいけないし。
 アウェーゴールは大切だってみんな言うけどさ、そりゃ決められたら良かったのは当たり前だけど、クリーンシートで終えられたということを喜ばないといけないよ。カンプノウでバルサを0点におさえられたチームは、そんなにないからね。
(ランパード)


Terry’s secret blue movies(Sun)

 試合前に、飯と杏里と江藤のビデオを何時間も見たんですって。
 ヒディンクもそういうの作るのかな。


  1. Barcelona 5-2 Lyon [back]
  2. Barcelona 4-0 Bayern Munich [back]
  3. マルーダが倉敷さんに「上手くいっていません」て言われてたけど、マッチアップする敵味方が「上手くいく」っていうのはどういうことを指すのだろう? [back]
2009.04.29

Barcelona 0-0 Chelsea

(フースのゲームプラン、バルサに得点を許さず)

(フースのゲームプラン、バルサに得点を許さず)



 どろの1対3(笑)が決まってれば…と思いましたが、贅沢というものでしょう。あのバルサを0点で止めただけすばらしい!
 飯を封じ込めたこと、そしてチェフのおかげである部分が大きいと思いました(各紙ほめてある)。心配してごめんね。
 いやいや~~~よくやった!(^o^)
 打ち合いになると私も思ってたんですがね。

 セカンドレグはホーム。プジョル姉さんいない。これは勝ち抜けが見えてきたね。テリー君のトラウマを、こんなに早くはらす日がやってくるとは(ともう思ってる)。
 ワクワクです。

追記
 あまりにも引き引き(笑)だったので、バルサがぶーぶー言っているらしい…
 でも、そういう試合だってあるよね。チェルシーじゃなくても。
 今日みたいなあからさまな布陣は、チェルシーだってよっぽどじゃないとやらないので。
 「勝てばいい」のか「スペクタクルを見せるべき」なのかは、プレミアでもよく論争になるところで(特にべんげるとか…)、今回に限った話ではないので気にしません。
 その問いに対し、チェルシーは前から「勝つことが優先」という答えを出し続けてきました。
 とにかく次に勝つことを期待します。

 これまでのチームでは、カンプノウで毎回3点取られてたヒディンクがよく0点におさえきったと思うよ。
 ドログバだって、トップで孤立していただけではなく守ってたし。



Read more »

2009.04.28

CL 09/10~11/12シーズン スカパーが日本国内独占放送権を取得

だそうです。
リリース(pdf)はこちら

【放送内容】
・ UEFA チャンピオンズリーグ 全125 試合 生中継を中心にハイビジョン放送予定
・ UEFA ヨーロッパリーグ(旧 UEFA カップ) 全205 試合のうち
日本人選手所属チーム、強豪チームの試合を生中継中心に放送予定
・ UEFA チャンピオンズリーグ プレイオフ 全20 試合のうち注目試合を中心に放送予定
・ UEFA スーパーカップ(チャンピオンズリーグ王者 対 ヨーロッパリーグ王者)
全1 試合を生中継で放送予定

私としてはやっぱ、UEFAカップのプレミア勢の活躍が見たいです。
UEFAスーパーカップというのは、CL優勝チーム対ヨーロッパリーグ優勝チームなんだそうですけど、これまであったっけ?
チェルシー対マンシティとかになったら笑えるね(今年はもうないけど)。

Next »