Home > 1月, 2006
2006.01.31

あんたホントに懲りない人ね

Wenger amazed by Chelsea’s losses


 チェルシーは赤字が1億4000万ポンドだそうだな。それだけの大赤字を出しながら「すべては上手く言っている」と主張するとはいいご身分だ。私たちだってそういうふうに言ってみたいよ。アーセナルが1億4000万ポンドの赤字になったら、それは即破産、ってことだ。
 人間、予算の範囲内でやりくりしなければならないのが普通じゃないのかね。私は小さい頃、こう教わったものだ。「アーセンや、10フラン儲けたら10フランしか使っちゃいけませんよ。20フラン使うのは、もう10フラン儲けたらにしなさい」とね。これが普通だろう?
 予算以上に使うのが許されるのは、フットボールくらいのものだろう。普通のビジネスでそんなことをやっていたら、市場は大混乱に陥ってしまう。

 私がクラブに「すみません、あなたのチームの選手に興味があるんですが」と言うと、なんと言われると思う? 想像がつくだろう。「どうもありがとうございます。チェルシーさんからも興味を持っているとのご連絡をいただいています」だよ。
 いまやもう、どこでもかしこでもそうだ…南アフリカに行ったって一事が万事、この調子なのだよ。仕方ないから私はこう言うことに決めている。「では最初にチェルシーと交渉してください。それで駄目なら、うちに折り返し電話をいただけますか」と。
 やっぱり覗き魔と言われても仕方なくないです?

2006.01.31

今日のこねた

移籍マーケット終了直前 かけこみ移籍
 が結構あるそうで、あわただしいです。ジョーイ・バートンがマンシティに「よそへ行かせてくれ」と直訴して却下されたニュースが結構衝撃とともに報道されております。
 で、言うだけならタダなので私のドリームショッピングについて書きますと(可能性は勿論、戦略的に合うかどうかも度外視)

・ジェラード:諦めてない。
・ゾラ:ファウラー復帰がありならゾラだってあり。
・ホアキン:ジェラードと並べて相手の目をかく乱する。
・デコたん:ミニ・ポルトを作る(笑)
・ロビー・キーン:ミニミニ・アイルランド代表を作る(笑)

 こんなとこですかね。


ネビル兄、復讐の予感
 オールド・トラフォードのリバポサポの前で喜びすぎたネビル兄こと朝寝坊ことぎゃりねぼーさんですが、FAカップ第5ラウンドが奇しくも敵地アンフィールドになってしまったことから、KOPによる復讐があるんじゃないかと言われています。元漫遊のポール・パーカーは「すんごいブーイングを浴びるだろう。だけどそんなことにひるむギャリーじゃないがね」とおっしゃっています。
 まあ、どんな選手でも大なり小なりそういうことはあるでしょ…

 なんでもネビル兄、99年のリバポ戦でもシャツめくって鍛え上げられた腹筋を見せつけながら大喜びしてたことがあるんだそうで(写真見ました)。「He did it again」と書かれています。


■叩けよ、さらば開かれん…?

 「GOD」ことロビー・ファウラーですが、「リバプールでもう一度プレイしたい!!」とお祈りをしたから叶ったんだと言っております。

 ずーっと願い続けていたらきっと叶うんだ。俺がその証拠だよ。ここに帰りたくて帰りたくてしょうがなかったんだ。俺は今誰よりも幸せ者さ。
 よし、えばとんに勝つ、バルサにも勝つ、と今日から毎日お祈りします私。そして、万が一叶わなかったらアンフィールドに抗議の手紙を出します!!!(笑)

 ファウラーのインタビューはここで見れますが、古巣に帰ってきたプレッシャーと、それを上回るはしゃぎっぷりが伝わってきて、サポでもない私でも微笑ましいなと思ってしまいました。
 しなポンが黒板にローンに出されるという話もあるそうです。


Di Canio eyes return to England
 わたくしこのディカーニオという人のことは最近になって知ったのですが、シェフィールド・ウェンズデーやウエストハム、チャールトンにいたことがあるんですね。トッテナムじゃなくてよかったよ…(あのナチ式敬礼は、ユダヤ系オーナーのいるスパーズにとっては最大の侮辱)


■私事ですが

 明日はヴィラ戦(A)ですよ~ 会社休んで、昼にコーチで出発しますよ~。
 アンフィールドに続きアウェー第2弾リポートをお送りする予定です。ただ、スタンフォード・ブリッジにコーチで帰って来るのが水曜日の深夜1時くらい(日本の2(木)朝10時ごろ)なので、リポート書くのは木曜の遅くになるとは思いますが…
 このところピリッとした試合が見れてないので、明日こそは大勝して欲しい! あすとんびらおさんにもそう言われてますので、遠慮なく勝ちましょう。そして5(日)への弾みにしてほしい!


■私事2:今日のハマーズサポとの会話

ヒ「(今のアーセナルの状態なら)勝てそうですね」
ハ「勝てそうだけど、いい加減(アーセナルも)勝ちそうな気もするし…

 ああ、ファンってそういうものよね。すごく分かる、その気持ち(笑)
 自分の応援してるチームと対戦するんじゃなきゃ、「またアーセナル負けるだろ」ときっと思うのよね。

2006.01.31

モウさん、勲章をいただく

Mourinho lands prestigious award
 「The honour of Grand Officer of the Order of Infante Dom Henrique」(ポルトガル共和国エンリケ航海王子勲章)という勲章を授けられたのですが、昨日駐英ポルトガル大使から勲章をいただいたそうです。
 映像もスカイスポーツニュースで見れました。ジョゼ君がいなかったけど。マチルドちゃんは、目がモウさん似で、そのほかは嫁はん似ですね。
 授賞式にはコーチ陣やリッキーとパウロ、マニシェも招かれたそうで、いやーチェルサポとしても嬉しいです。

 私もモウさんが来てからすっかりポルトガルに親近感がわきましたし、ポルトガルという国にとってもこれはとても良いことだとおもいます。そういえばwikipediaの「ポルトガル」の項を見ましたが、著名人に「フランシスコ・シャビエル(ザビエル)」って…(笑) 勿論モウさんも入ってました。フィーゴとかルイコスタは勿論、泣き虫クリスチアーノまで! ってフットボール関係者ばっかりだ。なんでパウロ・コエーリョが入ってないのだ!

2006.01.30

FAカップ 5回戦抽選

Preston/Crystal Palace v Coventry/Middlesbrough
Newcastle v Southampton
Aston Villa v Manchester City
Everton/Chelsea v Colchester  なんとか、なんとかえばとんに勝とう!
Charlton v Brentford
Liverpool v Manchester United  きびしー! でも楽しそうー!
Bolton v West Ham
 よく見てませんでしたが、なんでもFAカップの漫遊対リバポ戦は、カントナがどっかんゴールを決めた有名なカードなんだそうです。伝統のカードとでもいうんでしょうか。
 朝寝坊、違った、ぎゃりねぼーさん、例の「喜びすぎ@リバポ戦」の容疑?を否認しているそうです。公聴会をやるそうですけど、リバポさんはこの間のリベンジのために頑張ってください。ジェラードが喜びすぎでFAにお目玉喰らうくらいにやっちゃってください。

 ほかのチームのことより、チェルシー、頑張らないと。ほれ、コルチェスターさんも「エバなんかよりチェルシーとやりたぁい! やってみたぁい!!」と言っているに決まってます。


で、肝心の決勝戦の会場なんですが…
 ここでも何度かお伝えした、新ウェンブリー・スタジアム問題。3/13のFAカップ決勝に間に合わせるのがFAの至上命令なんですが、建設会社の豪マルチプレックスが「間に合う確率は7割」と言ったそうです。どうも屋根の部分の工事が難航しているそうです。ほれ、屋根って天気が悪かったり強風が吹いたりすると工事が難しいし、ここは天気の悪い国ですから…もちろん言い訳は通用しませんけどね。
 毎日3500人の作業員に鞭打って(?)やってるそうですが、「確率は7割もない」という見方が多いとか。

 今のところの進み具合ですが、

・9万席のうち半分は据付完了(え、半分だけ?)
・貴賓席161席のうち24は「おおむね完了」
・127のトイレのうち8つは完成(・・・・・・・・・・)
・44の売店のうち4つは完成(・・・・・・・・・・・)
 これって、あと数ヶ月でできる感じしますぅ?

2006.01.29

チェフ、数日中に契約更新へ

Cech set to sign new deal
 2010年までの契約をオファーするらしい。この間カーロ兄貴も更新しましたし、チェルシーのキーパーは安泰だなあ。
 しかしあの落ち着きでまだ23歳なのよね。前季よりはややミスが見られるとはいえ、やっぱりチェルシーにこの人ありです。(ミスした時ちょっとうろたえる顔がかわいいのよねえ…このときだけは若さが覗くというか)
 ちなみに、ご存知の人も多いと思いますが、こっちの人はチェフじゃなくて「チェック」と言います。私もテレビの前では「ちぇっくーーーー!!!」と叫んでますよ。

 そういえば最近、チェフとカーロ兄貴はもちろん、優秀なキーパーが好きです。シェイとかロビンソンとか。この間友達(フットサルでキーパーやってる)と話してて思ったんだけど、優秀なキーパーには富士額が多くないですか? え、シェイとロビンソンだけってか?


ユーべ、ギャラスに興味
 正式にモッジが認めたらしい。
 モウさんが出すわきゃないけど、大体ユーべさんもそれ以上強くなってどうすんだよ、え?


■雑談:スタンフォード・ブリッジのBGMをどうにかする会

 フットボールファン以前に音楽ファンであることはなんとなく文面からお分かりいただけると思うんですが…

 この間のカーリングカップでバートンとリプレイやった時のオールド・トラフォード。キックオフ前にかかっていたのがマンチェスターの生んだ最高傑作のひとつ、The Stone Rosesの「This is the one」という曲でした。かっけー! 「This is the one… this is the one… she’s waited for」(これこそが彼女の待ち望んだもの)ってゾクゾクすらぁ!

 マンチェスターもリバプールも、偉大なというか偉大すぎるバンドを数多く生んだ土地柄ですから、誇らしげにかける曲にはまったく不自由しないんですね。そこいくと、スタンフォード・ブリッジでかかる曲、なんか印象に残らないというかショボい…
 せっかくブラーのデーモン・アルバーンがサポーターなんだから、ブラーでもゴリラズでもかけろやと思いませんか!? 超かっこいいじゃん。元気も出るしさ。
 もうね、マージーサイドのあの泥臭さというかいかがわしさに対抗するにはアーバンな雰囲気をもってしか無理なのよ! ねえそうしようよ。デーモンはテリー君と同じEssex州の生まれなんだしさ!


■追記

 フットボールファンのミュージシャンというと文句なく一番有名なのは、熱狂的マンシティファンであるOasis(オゥエイシス)のノエル&リアム・ギャラガー兄弟(私はノエル兄ちゃんのファンです。心の夫)。一時期、兄弟が喧嘩して兄ちゃんが怒ってライブをボイコットしてた時期がありましたが、ライブ休んでるのにシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで観戦してるのがしっかり映ってて「こらー!」と思ったことがありましたねえ。

 兄弟には、マルディーニをシティーに誘って、

「入ってくれたらOasisに入れてやる」

と言ったとか(んな無茶な! 大体何のパートやらせる??)、「もし魔法が使えたら何がしたい?」と聞かれて

「オールドトラフォードをぶっ壊す。

そこにいる選手もろとも」

と言ったとかいう武勇伝!武勇伝!でんでんででんでん!があります。さすがギャラガーズだ…。

2006.01.29

ケニヨン「ジョゼはあげませんので」

Kenyon warns England off Mourinho

 モウリーニョはイングランド代表監督には興味がないと明言していますし、私たちも彼を手放す気は少しもないと断言します。
 モウリーニョはチェルシーを愛していますし、彼と彼の家族もロンドンでの暮らしを気に入っています。とても満足しているのですよ。
 それに、イングランド人が監督になるほうがいいのではないでしょうかね。現時点でもすばらしい仕事をしているイングランド人監督が何人かいますし。プレミアシップは欧州でもっとも過酷なリーグの1つだといえます。おそらく、一番過酷だと言えるのではないでしょうか。そんなリーグでよい仕事をしているイングランド人がいるじゃないですか。
 どっかの会長(=ウィーラン)とはえらい違いや。
 まあとにかく、自由度が低い代表監督の仕事を、ワーカホリックであるモウリーニョがわざわざ外国人のためにしてあげるような気になる段階ではないと思いますよ。もっとカップを手に入れてから、ポルトガルでちょっと隠居するあたりでやればいいんじゃないでしょうか。


ケニヨン、CFCのビジネスについて語る
・巨額の赤字について
 1億4000万ポンド(290億円)の赤字? ローマンは気にしてませんよ。CFCの長期的・短期的戦略を十分に理解していますから。
 ある日オフィスにやってきて「何っ、赤字が1億4000万ポンドだってえ!?」とパニックに陥るような、そういう短期的な問題ではないので。ローマンはビジネスとして、もちろんフットボールクラブとしてのCFCの進歩についてちゃんと理解しています。
 ローマンは優れたビジネスマンであり、チェルシーの熱狂的なサポーターです。CFCがトップクラブになり、ビジネスでも成功する過渡期にあることも理解してもらっています。10年以内にチェルシーは欧州のトップクラブの1つになるでしょう。アブラモビッチ氏はチェルシーを売ることを計画してはいませんが、もしクラブを去ったとしても大丈夫です。
 将来のビジネスにとって重要なのは、移籍金にかかるお金を節約し、ユースから育てた選手を増やすことです。このために私たちはフランク・アーネセンを獲得したのです。
 アカデミー組織ですが、こちらではほんとに地元と密着していて、学校に近くのフットボールクラブから教えにきたりするそうです。知人の子供さんはフラムからコーチが来てると言ってました。

・スタジアムについて
 スタンフォード・ブリッジにこれから先10年間とどまるとは思っていません。
 今の場所では収容人員を42700人まで増やせれば成功と言えるでしょう。5万以上に増やしたいんですが、今調査中なんですけど無理であれば、ほかの可能性を考えないといけませんね。
 ただ、それについてはいついつまでに、という線引きをするつもりはありません。まだスタンフォード・ブリッジに関する調査が終わっていませんので。

2006.01.29

モウリーニョ「エキストラタイムがほしかった」

 自己満足して油断していたとは思わない。前半は試合を支配したしポゼッションでも相手を上回っていた。
 マクファデンのゴールは脈絡から外れたものだった。自分の目が信じられなかった。ゴールを入れられたというつらさをチェルシーの選手たちは嫌というほど感じていた。

 今日はエキストラタイムがないのは知っていたが、今日ばかりはその時間がほしかった。驚くほど試合を支配していたからだ。プレイも良かったし、チャンスも作ったし、ゴールも入れた…もっとたくさん入れられたはずではあるが。
 DFを3人にし、攻撃陣を6、7人にするにはリスクが伴う。そうしたからといって点が入る保証はない。重要なのは、感情面のコントロールだ。パニックを起こさず、ちらりとでも「試合に負けるかもしれない」と思ったりしないことだ。

 リバプール戦とバルセロナ戦の間にリプレイをやることになったのは別にかまわない。引き分けで、ホームで試合ができることになったのは良いことだ。
デービッド・モイーズ監督のコメント
 チェルシーを抑えて次に進めると長い時間思っていました。チェルシーは前半こそ私たちより良かったですが、後半は私たちが試合を支配しましたから。
 チェルシーと試合をしたチームの監督なら誰でも、チェルシーと闘う時はただ試合をやっているだけでは自分たちのフットボールをやらせてもらえないことを知っているでしょう。中盤の選手をローテーションさせてきますし、彼らに追いすがるのは並大抵のことではありません。

2006.01.29

FAカップ第4ラウンド –勝ってうらやましい…

 チェルシーが下記のようなていたらくなので(負けなくて良かった! けどリプレイで体力使う!)あまり人のことは言えませんけど…


Cheltenham 0 – 2 Newcastle
 復帰早々、スコット・パーカーがラッキーゴール。勝ってうらやましい…
 ちょっと色合いが似てるわ、チェルシーのユニに。
Coventry 1 – 1 Middlesbrough
Aston Villa 3 – 1 Port Vale
 バロシュは相変わらず髪が短く普通の人みたい。勝ってうらやましい…
Brentford 2 – 1 Sunderland
 おいおいマッカーシーさんよう…
Man City 1 – 0 Wigan
 ありゃーウィガンちょっと疲れが見えますか?
West Ham 4 – 2 Blackburn
 2-0でリードされてたのをひっくり返したハマーズ。勝ってうらやましい…
Colchester 3 – 1 Derby
Leicester 0 – 1 Southampton
Stoke 2 – 1 Walsall
Charlton 2 – 1 Leyton Orient
 オリエント~~~(涙) チャールトン、勝ってうらやましい…
Reading 1 – 1 Birmingham
 がんばろうリプレイ…>ブルースさん
Preston 1 – 1 Crystal Palace
Bolton 1 – 0 Arsenal
 なんかばんぱーしーが空振りしてコケてませんでしたか? 例のアンリの軸足で蹴るお遊びをやってるのかと思いました。ジャンナコプーロスのダイビングヘッダーすごかった。ソルが戻るのが遅れたらしい。

2006.01.28

Everton 1-1 Chelsea(FA cup)

 生中継ないので、テキスト&ラジオ&スカイスポーツ速報で観戦です。
 えばとんはプレミアで引き分けた相手だし気が抜けない。ちなみに曲者ケイヒルはサスペンション、アラン・スタブスはカップタイドで出場できないそうです。
 それよりなにより、BBCは「ギャラスがRB、カルバーリョのかわりにフート」とか書いてますけど、
やーーーーーーめーーーーーーーてーーーーーーーー。
テリー君が死ぬーーーーーーーーーーーーーーーー。

 マニシェがスタメンとも書いてますが。

 スタメン発表
 カーロ兄貴~
 マニシェも来たコラーーーーー!!(嬉)
 お帰りろっべ~~~ん
 ジョーこねくれコラーー
 G Johnson(み、右!?), W Gallas, J Terry, A Del Horno, A Robben, C Makelele, F Lampard, N Maniche, H Crespo, J Cole
 ベンチはP Cech, C Cole, L Diarra, R Huth, D Duff

More

2006.01.27

モウリーニョ聖誕祭

 1日遅れましたが、43歳おめでとう~~~~~~!!!!!
 これからもついていきます、モウさ~ん。

More

Next »