Home > 3月 7th, 2007
2007.03.07

お願いというか募集(wordpress関連)

ブログなんですが、

投稿・トラックバックができるようになりました。

うわーい。
どうもお騒がせしました。

ところがですね…

Read more »

2007.03.07

Hallelujah – Liverpool finally came good

GILES SMITH’S MIDWEEK VIEW(公式)

 日本に戻って、私のファンとしての思いと現地のチェルサポの思いとの間に溝がないかどうか心配だったのですが、その心配はなさそうです。
 公式サイトより、コラムの抜粋。結構皮肉がきいてます。りばぽサポのみなさん、怒らないでね。シャレですから、シャレ。

 さーて、今のところイングランドでは2つのチームが勝ち抜け、バルサにバイバイしましたよ。

 ハレルヤ! リバプールがやっとうまいことやってくれました。
 アンフィールド軍団はこの3日間の間に2度も、私たちの望みをかなえてくれる機会がありました。1つは、漫遊からポイントを奪うこと。もう1つは、CLから現在調子の不安定なバルセロナを駆逐することでした。
 両方とも平均より難しい仕事でしたので、私たちは彼らをあてにしていたわけではありません。やはりというべきか、「漫遊計画」は空中で木っ端微塵に砕け散りました。またしても、リバプールはもっとも憎いライバルに、哀れにも降伏させられてしまったのです…最後の数秒というところで、PA内で悪名高いオシェーのゴールによって。
 漫遊は10人になっていたにもかかわらず。

 そして、ベニーテスはこの汚名をそそぐために適切な処置をする必要がありました。
 リバプールは、このときだけは、私たちのために立ち上がってくれました。まあ、またしても1-0で負けたのではありますが、合計で辛くも勝ち抜けたのです。
 しかし、私たちにとっての朗報は、バルサが敗退したということです。つまり、またしてもCLノックアウトラウンドでバルサと合間見えるというイヤな目に遭わなくてすむということが、公式に明らかになったということです。
 ほんとうにありがとう、リバプール。

 それにしても、ラファ・ベニーテスは常にCLでチームを効率的に勝たせているのに、プレミアでは期待に沿うことができず、いつも20か30ポイントあたり止まりなのは、現代サッカーの七不思議のひとつだと多くの人に言われています。
 マーク・ローレンソンも、昨日の試合後の視聴者参加番組でその問題を取り上げていました。
 しかし、答えは簡単です。リーグでは常に調子にムラがあってはだめだということです。 リーグは、CLのように、ムラのあるチームにも優しいトーナメントではないのです。

 とにかく、私たちはベスト8に残り、バルサはいなくなり、敵の危険性も数段階下がりました。あとは、次でイングランドのチームと当たらないように祈るだけです。



■Blues News

 オズグッドの銅像がチェルシーヴィレッジ内に建てられることが決まったらしい。
 完成したらぜひ、見たいです。
 調子が良くなったチェルサポが「Osgood, Osgood, Osgood, Osgood Born is the King of Stamford Bridge♪」って歌ってる時、すごく楽しそうなんですよね。


Read more »

2007.03.07

モウリーニョ「怖いのか?」

Mourinho speech inspires Chelsea
 モウさん、ポルト戦2nd legのHTにこんなスピーチをしてみんなを奮起させたそうな。

 HTは難しい状況に追い込まれていた。そのままでいけば、私たちは敗退する運命にあったからだ。
 私は彼らに問うた。「この状況にうまく対処するのか、それとも私たちはそれが怖くてできないのか」と。怖くてできないのなら、もうグッド・バイである、と。
 心理的に考える時間を少し与えたわけである。

 ポルトは前半、私たちより良いプレイをしていた。1-0で勝っていたからそう言うのではない。プレイ自体が私たちより上だった。
 そして、後半の立ち上がりはすばらしく、私たちは勝ち抜けることができた。


Read more »

2007.03.07

Chelsea 2-1 FC Porto (agg 3-2)

 なんで相変わらず序盤の立ち上がりがのろいんだ!
 なんでそこでシュートなんだロッベン!!(嬉)
 なんで1度だけそんな難しいのを決めるんだバラック!!(驚)
 兄さん怪我は大丈夫か!!(懸)


Read more »