Home > 3月 11th, 2007
2007.03.11

あり得ないバルセロナファン

今日もらんらんとバーチャルデート(=スポーツジム)へ、チェルシーのユニ着て行ったんだけど、バイクをこいでたら、パーソナルトレーナーが近づいてきた。
「なんか私、バイクのこぎ方間違えてる!?」とびくっとしたのだが1、かけられた言葉は「サッカー好きなんですか」だった。

「ええ、好きです」
「チェルシーのファンなんですか」
「はい、すごいファンです」
「『チェルシー』って地名なんですよね」
「(それくらい知っといてくれよ)そうです、西ロンドンの」
そこまで適当な会話が続いた後、そのトレーナー(若いにいちゃんである)はこう言った。

「僕、バルセロナのファンなんです」



あああああありえん・ロッベンだろうそれは!


チェルシーファンに話しかけるバルサポ!
そんなのはバルサポじゃなーい!
きっと、「ロナウジーニョとエトーとメッシしか知らない」バルサファンに違いない。
それなら、私だってバルサファンだ。
キャラガーとフィナンの見分けまでつくリバプールに至っては、熱狂的ファンになってしまう!!


(※以上はすべて実話ですが、笑って読み流してください)


  1. 何か人に声をかけられるとすぐ自分が何か悪いことをしたのではないかと思ってしまう小心者 [back]