Home > 3月 6th, 2008
2008.03.06

Chelsea 3-0 Olympiakos (agg 3-0)

 生中継見てました。
 翌日は眠かったけど、気分良く仕事できました。


■試合前にびっくりしたこと

・チェフが練習でねんざしたらしく、いきなりカーロが大写しに。実況解説が「不安だろー不安だろー」と言うのでムカつく。カーロはチェフが来るまで正キーパー張ってたんだぜ。そしてたぶん世界一のセカンドキーパーなんだぜ(そしてサードはイラーリオ)。お前らは知らないかもしれないが、カーロが出てくると、スタンフォード・ブリッジのチェルサポは逆に沸くんだぜ。
・裏のりばぽも気にしておこうかな…と思ったら、りばぽはCLじゃなくてリーグ戦でハマーズとやってるのだった。なんで?


■試合中にびっくりしたこと

・マケレレ兄さんが2つもシュートを撃っていた。1本目はちょっとへなへなだったが、ジョーのすごいシュートをニコポリディスが弾いたところで飛び込んできて撃った2本目はわりといいとこついていた。おおー。
・エシアンがスタベンだった。後半に、「走れる人を」といって投入された。彼ならスタメンでも90分なんて余裕で走れるが。
・バラックが攻守に活躍していた。特に、1点目をあの時間帯に入れてくれたのは貢献度特大。フリーにさせたオリンピアコスも問題だが、らんさんからのセンタリングを上手く頭で決めた。バラックがヘディング上手いのは移籍する前から分かっていたことだが、今日のゴールこそ、今までみたかったバラックの真骨頂だと思う。今日はらんさんと共存できていた。良かった。1年目にあれだけ苦労したのが報われた。

・3点中2点がばららんコンビによるゴールであった。(1点目はらんさんの絶妙な角度のセンタリング->バラックがヘッドでカッ、2点目はバラックのスピードあるシュート->跳ね返されたところを、どろと一緒に詰めてたらんさん余裕で押し込む)
 ばららんコンビ…こんなコンビが実現するとは思わなかった。この調子でお願いします。
 モウさん見てますか?
・でもそのせいでエシアンがスタベンって勿体なさすぎ。エシアンも使ってほしい。もったいない。もったいなさすぎて、もったいないおばけマータイさんが出てくるぞ。じゃあマケレレロールで使うか? でもこの日の兄さんすごく良かったし…って堂々巡り。と思ったらDorogubaさんも同じことを書いている(笑)

・ジョーは相変わらず、自分で蹴っても誰かのお膳立てをしても上手かった。最近表情が大人だ。
・バラックとパウロがおそろいの無精ひげだった。


■試合後にびっくりしたこと

・間取がローマにホームでも負けて敗退していた。
 0-0より

~なんのコメントもない~ UEFAチャンピオンズリーグ Round of 16, 2nd Leg – b
レアル・サンマリノ 1-2 (agg 2-4) ASローマ (主審:キロス・ヴァッサラス、ギリシャ)

 確かにこれでは、言葉が出ないだろうな。


Ballack tries to be one of the boys but he and Sheva snubbed paintballing pick-me-up(Mail)

 ちばぎんカーリングカップ以降、3点だの4点だの(チェルシーにしては)大量得点とって且つ無失点で勝っているのは、テリー君が気晴らしにみんなを誘ってペイントボールをしにいったせいかもしれない。とデイリー・メールは書いている。
 ただし、バラックはCM撮影をしていて参加しなかったらしいけど(笑)