Home > 3月 16th, 2008
2008.03.16

Sunderland 0-1 Chelsea

よく耐えました。
サンダランド、ほんま守備はできてるわ。

しかし1つ言いたい。

私が審判なら

お前はレッド>オドノヴァン



なんだあの態度は。
めっちゃ腹立つ。
川勝さんが「品格として最低」と言ってくれたのでちょっと溜飲が下がったけどさ。
あれはカーロが怒るのは当たり前。
あの薄笑い。許せん。
ロイ・キーンはもっと教育すべきである。

ジョーがキレかける場面もあった。
倒れた時、ディーン・ホワイトヘッドのスパイクが顔に入ったのだ。
顔はやめてっ! 私女優サッカー選手なんだから!!
実況解説陣は「サッカー選手はこれくらい負けず嫌いでないといけない」と擁護していたが、
カードをもらってほしくないファンとしてはそんなこと言ってられない。
この日も、相手に突っかかっていくジョーを
「ジョー!!!!!!!!!!!!」
と母親のように諌めていた私であった。
(ファンとしてのこのえこひいき振りは、ファンというより母親だよな)

・テリー君のヘディングゴールはいつ見てもいいね。久しぶりに見たこともあるけど。
 本人もほんとうれしそうでした。
・個人的MoMはクディチーニ。
・川勝さんも言っていたが、交代枠の使い方がなんか効果的でないと思う。戦略も見えないし、遅いし、効いてない。
 なんとかしてほしいな。
 モウさんの頃は、なんでそこで代えたのかでモウリーニョのメッセージが感じられたもんだが。
・相変わらず、ストライカーでない人が点をとるクラブだ。

Chelsea: Cudicini, Ferreira, Alex, Terry, Ashley Cole, Obi, Ballack (Essien 73), Lampard, Joe Cole (Wright-Phillips 82), Kalou, Drogba.
Subs Not Used: Hilario, Carvalho, Shevchenko.
Booked: Obi.
Goals: Terry 10.

・裏の試合もちらちら見てました。りばぽ対レディングは、終了間際にレディングのハーネマンが前に出てきていたので、アロンソがけったボールが危うくころころと入っていきそうになったのが面白かったです。
 それとあれはやっぱりジェラードのハンドだったのでは。まあいいけど。
・時間稼ぎに、ヒーピアが1プレイだけ交代出場したのはちとかわいそうでした。
・ダービー、漫遊相手にものすごく踏ん張っていたんだが最後でとられてしまった様子。
・その後のガナ対ボロも前半だけ見ましたが、フース(とWheaterのCBコンビ)が「ターミネーター」と呼ばれていたので笑いました。
 ゴツいもんな~。