Home > 3月 18th, 2008
2008.03.18

グレトナ、ストライキを回避

Gretna saved from players strike(BBC)

 スコティッシュ・プレミアのGretnaが財政破綻の危機に瀕していて、一時はセルティックとの試合の前にストライキをするとかいう話も出ていたそうです。
 それとは別の話で、ふとグレトナのエンブレムを見たら、真ん中に金床(かなとこ)が書いてある!
 グレトナと言えばやっぱり金床(anvil)、Gretna Greenですよ。

 Wiki「法律回避」より。

婚姻の場合

婚姻における法律回避は、多くの場合、婚姻の成立要件が当事者にとって厳しい場合に、婚姻挙行地を成立要件が緩やかな地域に意図的に変更することにより行われる。

歴史的に著名な例としては、19世紀前半に多く見られたグレトナ・グリーン婚 (Gretna Green marriage) が挙げられる。かつてイングランドでは、婚姻成立要件として父母の同意やイングランド国教会の牧師の前における儀式などが必要とされていた時期があった。これに対し、隣地のスコットランドでは、当事者の合意のみで成立するとされていた。このため、イングランドに居住するカップルが結婚について父母の同意を得られない場合や儀式の費用を捻出することができない場合に、イングランドからスコットランドに入ってすぐの場所にあるグレトナ・グリーン村の鍛冶屋で結婚式を挙げた上で、スコットランド法による婚姻証明書を取得する方法が行われた。当時のイングランドの国際私法では、婚姻の実質的成立要件と方式の準拠法は一括して婚姻挙行地法とされており(現在では、実質的成立要件については婚姻当事者の婚姻前の住所地法)、このような法律回避による婚姻もイングランドでは有効とされた。

もっとも、その後、宗教婚とは別に民事婚が可能になったこと、婚姻の挙行には一定期間の居住を要する立法がされたこと、スコットランドにおける法改正などにより、典型的なグレトナ・グリーン婚は行われなくなる。

 上記の、鍛冶屋の結婚式で使われたのがこの金床なんです。
 詳しくは、イギリス随一の結婚産業の街・グレトナ・グリーン 駆け落ちするならイギリスへ!?を参照のこと。

 なんで私が詳しいかというと、なぜか行ったことがあるからです。
 いえ、別に駆け落ちしに行った訳では…。

2008.03.18

今週のお言葉 –フンっ

Quotes of the week(BBC)

俺のママも来てたよ!
(デービッド・ジェームズ、カペッロがポーツマス対ヴィラ戦を見に来ていたことを知っていたかと聞かれて)

「ボーナスは出ないのか」と選手に聞かれるたびに私は、「さあどうだろう」と答えている。なぜなら私はヨークシャー人だから。
(バーンズリーのゴードン・シェパード会長)

 ヨークシャー人はケチというイメージがある。

登らなければならないのはもはや、山ではありません。
エベレストです!
(ESPNの解説者、りばぽ対インテルで合計得点が3-0になった時のコメント)


■今週のチャント

“Are you Chelsea in disguise?”
Barnsley fans while leading 4-1 against Ipswich.

 ムカつくので訳さない。


■今週のスタジオアナウンス

“Before we kick off for the second half, I have a very important announcement to make: ‘We’re the famous Cardiff City and we’re going to Wemberleeey. Wemberleeeey!!!Wemberleeeey!!!’”
Stadium announcer at the Cardiff City v Hull game.

後半開始の前に、みなさまに大切なお知らせがございます。「私たちは名高きカーディフ・シティです。そして、ウェンブリーに行くのです。ウェンブリーーーー!! うぇんぶりイイイイイイイイイーーーー!!!」
(カーディフ対ハルの試合で)

 そんなにうれしいか。

“The substitute for Stockport will be…. (final whistle)….not made.”
Stockport announcer at Rochdale game.

ストックポートの交代をお知らせします。交代する選手は…(ピーーッ、と最後の笛)
いませんでした。

 交代が遅すぎる!

2008.03.18

JT、 Kenwyne JONESを褒める

 トリニダード・トベイゴーっておもしろい選手を出す国ですよね。ドワイト・ヨークしかり、シャカ・ヒスロップしかり。(と言ってもそんなに長くみているわけではないのですが)


JT hints that Sunderland’s key man Kenwyne could do a job for Chelsea(Mail)

 ジョーンズとやるのは2回めだったけど、すごい選手だ。よく走るし、空中戦の強さではプレミア1なんじゃないの。ほんとすごいよ。
 試合の後、彼の話で持ちきりだったよ。上手いし、すごい印象が強かった。もし残留して、彼を繋ぎとめることができたらすごい力になるだろう。


■私事ですが

 以前紹介したヴィアリの「The Italian Job」、ペーパーバックが出たので読んでみようと思います。



 意外かもしれませんが私、洋書は1冊しか読破したことがございません。
 それも、翻訳の学校の宿題でペーパーバック(薄いの)を読んだだけ…。

2008.03.18

サベ王子、泣き虫にシャツを押し付ける

Robbie Savage: I can’t be rubbish if Ronaldo wanted my shirt(Mirror)

 週末の漫遊対ラムちゃんずの試合後の話。

 最後の笛が鳴った後で、ロナウドに「俺のシャツ要るか、あァん?」って言ってやったら「お、おっけー、じゃあ、俺のも…」って言われた。気分良かったぜ。
 みんな「サベージはもう走れない」とか「もう終わった」とか言ってやがったからよ、ったく。鼻から指つっこんで奥歯ガタガタ言わせたろかってんだ。でも俺は自分を信じてたからよ。

 ……きっと、「シャツ要るか?」っていうより「俺とシャツを交換しないのなら、お前の耳を噛み千切る」くらいの勢いで睨み付けたんだろうなあ。


goal.jpgリバプールを恐れないベニテス監督(goal)

 なんで紅が自分のチームを恐れないといけないの?
 と思ったら、べんげるじゃんか…。
 何間違えてんだよ。


ペットボトル直撃のビルバオのGKアルマンドが右目を負傷(スポナビ)

 Dail Mailに写真が出てるんですが…
 こういうことを許してはいかん!