Home > 3月 30th, 2008
2008.03.30

Chelsea 1-0 Middlesbrough

今日のMoM:

クロスバー。


って何書かせるんだよ!
でも後半の2連続クロスバー直撃、ファンなら心臓止まりそうになったはず。
いやさ、あのアフォンソ・アウベスのシュートがコロコロ…でこれもまたポストに当たった時も。
テリー君あきらめて見送ってたもん。
あの時私もあきらめたもん。
(でもさ、この時に金子爺が「でもジョン・テリーがかき出せていたかも…いえ、無理でしたねこれは。私はテリーをかいかぶりました」って言ってたけど、ちゃんとあそこまで戻っていたところがえらいじゃん。それを評価しようよ。贔屓目だってことは分かってるけどさ)

先日「先制してそのあとまったりして追いつかれそうになるのがチェルシー」と書きましたけど、今日もそんな試合でした。
客席で寝てた人いたし…(あれ、後で気づいて恥ずかしかっただろうな)

お願いしますよほんと。チェルシーさん。
ボロなんかにおたおたしてる場合じゃないのよ。次CLですよ。フェネルバフチェですよ。
今日勝てなかったら、全国1000万人のガナファンに嘲られるところでしたよ。
(それにしても、昨日のぼるトン。10人を相手に、2-0で勝ってて、なぜ後半に逆転されることができるのか、まったく理解できん。まさに、あり得んろっべん)

あーもう。疲れた。
日曜の夜にこういう試合するのやめてほしいす。
明日に響く。
勝ったからいいけどさ。

リッキーは、また額を強打していましたね。今度は、いつぞやのほど大きなたんこぶではありませんでしたが。
客席のらんさんwith ベージュのマフラー、かっこよかったです。
いつかも、胃腸に来る風邪で休んだよね(それで確か連続出場記録が切れたはず)
ゆっくり休んで次に備えてくださいまし。

今日良かった人:
ジョー(「毎試合いいですねえ」と粕谷んも絶賛)
今日の居残り組:
カルー
ショーン(シュートの練習)
ミケ(相手ボールの時は意地悪せずにすぐ渡しましょう)

2008.03.30

第7章 (1)Getting the bullet

 今こつこつとThe Italian Jobを読んでいますが、おもしろいところだけ抄訳してみることにしました。



 全体としては、ビアリがイタリアとイングランドのサッカーの違いをいろんな角度から比較しています。今回取り上げる第7章は、監督についての話です。

Read more »


  1. 現在イングランド代表監督 [back]
  2. 現在アタランタ監督 [back]
  3. 現在ブレシア監督 [back]
  4. お写真などは「おやじの花園」を。http://superblackcats.hp.infoseek.co.jp/oyaji/oyaji/oyajinohanazono.html [back]