Home > 9月, 2008
2008.09.30

Stoke 0-2 Chelsea再放送を見ました

 今ストークといえば、Rory Delapの40メートル弾丸ロングスローなわけですが(笑)、チェフが感心にも相当研究していたにも関わらず、ハムストリングの怪我で欠場…チェルシーボーイズガッカリ、私(=悲観的なファン)ホッ。
 「ロングスローのし過ぎで肩を痛めたわけではないです」と実況の人が言ってました。ははは。まさかそんなことはないでしょ。

 「爆発はしなかったけど、余裕でした」と言ってましたがまあそうですね。
 右サイドのボジングワとカルーの連携はなかなか良かったと思います。まあ今回も、守備に労力を割かれるような展開ではなかったので、総合評価はしにくいのですが。でも、攻撃部分の自信にはつながったでしょうから、良しとすべきかな。
 後ろのほうについても、同じ理由で評価がしにくい。アレックスもまぁまぁだったと思います。
 ミケルも頑張ってくれてました。いや、だから、あんたの場合技術力よりtemperのコントロールが問題なのよね。ミネイロがフリートランスファーで来るそうですけど、どんな感じになるのかなあ。
 らんさんは相変わらず飛び出しがすばらしい、左右への散らしも良かったと思います。
 どろが初スタメン、途中からカルーに代えてアネルカ入れた時は「2トップの練習かなあ」と思ったのですが、途中でどろは下げられてしまいました。終始渋い表情でしたが、らんさんからのボールを胸トラップしてのシュートとか、トップギアに近づいている感じがしました(キーパー正面だったけど)。この人は調子に乗せないといけないので、もう少し時間をみてあげるべきかな。それまでに本人の堪忍袋の尾が切れないといいけど。
 アネルカも表情がイマイチだったなあ。ストークがしっかり守ってたからイライラしてたのかな。
 ああこられると、後はセットプレーかミスを突く以外の得点は難しいですね。それでりばぽはやられたのかな(引き分けですが)。

 試合とは関係ないのですが、1-0になったくらいからブリタニアスタジアムにはチェルサポのチャントしか聞こえなくなりました。
 最初は、チェルシー様に向かってストークごときが「ふあーやコール」1が出ていたのには失笑。お前らこそふあーや、だろうが。
 チェルサポは元気でした。機嫌がよかったことは、セロリーの曲と”YOU ARE S**T”コールと、オズグッドのチャントが出ていたことでも分かります。
 Osgood Osgood Osgood Osgood, Born is the king of Stamford Bridge….
 彼は今でも、チェルシーとチェルサポがある限り、永遠に生きているのですね。


  1. “WHO ARE YOU?”コール。「誰なんだお前?」 [back]
2008.09.29

[映画]フーリガン

 気づいていただいているかどうかわからないのですが、このブログはひっそりとamazonのアフィリエイトに参加しています。
 たまにリポートを見るのですが、このブログからこれを買ってくださっていた人がいました。



 ロンドンでは「Green Street」という題で公開されていたので、最初このタイトルがぴんと来なかったのですが、ジャケット写真見てぴんときました。
 「アメリカのインテリ少年が、イギリスでフーリガン・ファームのカリスマ的リーダーに出会い、フーリガンの世界へ足を踏み入れる」という内容だそうですが、このインテリ少年がイライジャ・ウッドなんですよ。なんでフーリガンの映画にアメリカ人が、それもイライジャ・ウッドって…と思いました。見た友達によると、「アメリカ人が出る必然性がある」んだそうです。
 私も見てみたいと思います。

 ちなみにモデルになってるチームは、West HamとMillwallらしいです…(笑)
 どう考えても、Millwallに軍配でしょ。
 「フーリガン」てテーマの映画ならね。

2008.09.29

Arsenal 1-2 Hull

ちょっとだけ見たのですが、今季エミレーツで負けるのが初めてなのはもちろん、失点するのも初めてなんですって。
倉敷さんが完全にお楽しみモードの実況をしており、ハルシティが得点するたびものすごくびっくりし、挙句の果てには「なんとハルシティが勝ってしまいました」みたいな言い方するのでちょっと苦笑…日本のファンにハルのファンがいるのかどうか分かりませんが、いくら昇格組だとはいえその言い方は失礼でしょー?

なんとびっくり(笑)、
ハル・シティがエミレーツで勝利を収めました。

ってさも可笑しそうに。「なんと」てあーた。
ほんまひどいわあ。サッカーは何があるかわからんのやで。
いや、その言い方に笑ったよ。

ジオバンニのミドルは、ほんとに美しく豪快でした。あそこから打ってくるなんて思わなかったんでしょうね。それにしてもビューティフルでございました。
ジオバンニのゴールに大興奮するハルシティ・ファンを見た「虎が…虎の子たちが…」という倉敷さんのせりふにも笑ったな。

2008.09.28

カーリングカップ4th round、チェルシーはバーンリーと

Sunderland v Blackburn Rovers
Arsenal v Wigan Athletic
Chelsea v Burnley
Swansea City v Watford
Manchester United v Queens Park Rangers
Stoke City v Rotherham United
Brighton & Hove Albion or Derby v Leeds United
Tottenham Hotspur v Liverpool

 今度はホームですし、しっかり勝っていただきたいところ。
 ほかの対戦も面白そうなのが多いですね。ロンドンにいた者としては、漫遊対QPRなんておもしろそう。
 ガチなのは、スパーズ対りばぽくらいかな。サンダランド対黒板もそうか…

2008.09.28

チェルシーミュージアムが新装オープン

In pictures: Chelsea relaunch club museum(BBC)

 モウさんのコートとか飾ってあるみたいです。

 オープンにはジョーさんとカーロさん出席。ジョーさんこういうイベントにはよく参加してますが、もっとおしゃれして来ればいいのに…これでは、夜にちょっとたばこ切らして買いに来たどっかの兄ちゃんみたいです。
 一方カーロさんは相変わらず、サッカー選手というより映画俳優のようです(笑)

2008.09.28

Stoke 0-2 Chelsea

 くたびれて、ちょっとだけ寝ようと思ったら寝過ごしてしまいました(涙)
 とりあえず、普通に勝ってくれて良かったです。
 格下相手でも、特にアウェーでは侮れないですから(ホームだけどガナさんがなんかやらかしてるし…)。
 再放送でなんとか見れればと思ってます。
 カーリングカップも見たかったなー。

 ボジングワがよかったようですね。攻撃参加がすばらしいのはなんとなく分かってきましたが、まだ今季、強豪とプレイした経験があまりないので守備一辺倒になるケースが少ないんですよね。守備のほうはどうなんだろうなと。
 あと、戻ってきたバラックも良かったみたい。デコが不在になったと思ったら、ちゃんとほかの選手が活躍してくれるのはいいことです。でもみんな戻ってきたら誰使うんだ~(笑)

 暫定首位に戻りましたが、得失点差が9でこれも首位ですよ。ちょっとびっくり。
 いつも、コンパクトに勝ってクリーンシートというケースが多いチェルシーなので。
 次がガナと、マンシティというのは笑えるが。

2008.09.26

UEFAカップが来季から「UEFAヨーロッパ・リーグ」に改称



Uefa Cup given new name in revamp(BBC)


UEFA Cup to become UEFA Europa League(UEFA)

2008.09.26

West Ham join Olympic Stadium mystery

West Ham join Olympic Stadium mystery(BBC)

 メモメモ。あとでしっかり読もうと思います。

 概要は、2012年のロンドン五輪の後で、ロンドン東部のStaratforに建設中の五輪スタジアムにハマーズが移る、という話に関する問題です。どういう問題かというと、お金のこともあるし、五輪仕様のスタジアムなのでピッチの周囲にトラックがあると。大陸欧州のクラブと違ってプレミアのスタジアムでは見かけないんですよね。英国では、ピッチに客席が遠いことに慣れてないので敬遠されるんです。

 ロンドン五輪は「大会用の競技場を作るけど、それを閉会後に再利用できるようにする」というコンパクトな大会を売り文句として開催を勝ち取ったので、このへんは意外と重要なんですよね。

2008.09.25

Portsmouth 0-4 Chelsea (CC 4th round)

Chelsea: Cech, Ivanovic, Terry, Alex, Bridge, Belletti, Ballack (Ferreira 69), Lampard (Sinclair 74), Kalou, Malouda, Drogba (Di Santo 79).
Subs Not Used: Cudicini, Obi, Mancienne, Stoch.
Booked: Ballack.
Goals: Lampard 36 pen, Malouda 45, Lampard 49, Kalou 64.

今回もらんちゃん大活躍でお姉さんはうれしい。
今年はポンピーと相性がとてもいいですねえ。

私と上司(イギリス人。Pompeyファン)との会話。

私:
Thank you very much for another 4 goals.
上司:
You’re very welcome. That’s eight so far this year, isn’t it?
We’ve decided on this new policy: “the richer the club, the more goals
we concede”
. At the weekend we lost 6-0 to Man City purely for the
fact that they’d been bought by the Arabs.
私:
The Arabs are said to be 10 times as rich as the ex-Sibneft guy.
If that’s the case, you’d have lost 40-0 to Man City!

上司のメールには爆笑しました。

英語わかんない人のために訳しますと、


Read more »

2008.09.22

Chelsea 1-1 Man Utd

審判がライリー、ってところでいやな予感がし、先制点を朴に入れられ、もうず~~~~~~~~~っといやな予感がしてました。
特に前半。
70分以降、音消してました。
「悔しいのはチェルシーのほうでしょう」とか言われてましたが、そりゃ2ポイント落としたのは悔しいけど負けなかっただけでほっとしてます。最悪のことを考えればまだまし。
しかしさすが敵も、ガツガツ来ましたね(カード7枚て)。
アウェーに乗り込む時は、1ポイント以上でお願いします!>チェルシーボーイズ

vamoさんも書いてらしたけど、ファーギーのあのメタボな感じのいでたちは、なんなのよと。

Next »