Home > 4月, 2009
2009.04.30

お知らせ:コメント欄について

これまで、ユーザ名とメールアドレスを登録しないとコメントが投稿できないように設定しておりました。
このアカウントの登録方法が分かりづらいという人が多少いたので、しばらくメールアドレスを記入すればコメントが書き込めるようにしてみます。
メルアドを登録してもらうのは、通りすがりに無責任なコメントを残していく人が出るのを避けるためです。
問題がある場合は前の設定に戻します。

※ちなみに、管理人による承認が必要ですのですぐには表示されない場合があります。

2009.04.30

分かりきってることは、確認する必要なし

今それほどほかのブログや掲示板を見ているわけではないのであまりよくは知らないのですが、TBをもらったりmixiの一部で見た限りでは、バルサファンが昨日の試合のチェルシーについていろいろけちをつけているようすで、それに対してチェルシーのファンの一部が怒っているという…

私が言いたいのは、「わざわざ敵チームのファンがどう言っているかを見に行かなくてもいいんじゃないか」ということです。だって、大体どんなことが書いてあるかは火を見るより明らかじゃないですか。
以前にも書きましたが、敵味方がある以上、自分の好きなチーム寄りの見方をしてしまうのは当たり前のことでして。そりゃ、チェルシーファンがバルサファンの感想を聞けば、大なり小なりカチンと来るのは仕方ないことだと思います。「チェルシーの守備はすばらしい!」なんて書いてる人がいるとは思えないし、冷静で客観的な見方をしている人すら、そうそういないはず。
それは、チェルシーファンだって同じです。もちろん私も。

もしチェルシーが攻めてて、バルサでも漫遊でもりばぽでもいいのですが相手が引き引きで、ホームなのに無得点に抑えられてしまったら、そりゃむかつくと思いますよ。
だって、攻撃的なチームと言われてきたのに、攻撃させてもらえなかったんですもの。
ホームなのに、0点だったんですもの。
「今季は、引いたチームにむしろ強かった」((c)倉敷氏)チームだけに尚更。

だから、むかつくのが分かっているものをわざわざ見に行くような無駄なエネルギーは使わないほうがいいんじゃないかということです。
「ご心配なく、私はエネルギーが有り余っているんで!」という人を止める権利は私にはないですが、わたしゃもう年なんで、心穏やかな日々をすごしたいんですわ…(笑)
ポストが赤いのを知ってて、わざわざ確かめに行って、戻ってきて「やっぱ赤だったわ!」とみんなに言うことにどういう意味があるのか私には分からないのです。赤だって知ってるんなら、「ポストは赤いよなー」と思ってればいいじゃないですか。確認の必要なし。
それよか、気心知れたチェルサポどうしで、次の試合はどう攻めるかを議論したほうが前向きなような。

そう、土曜日はウエストロンドン、ダービーでっせー!
ぜ~~~~~~~~~ったいに、勝たないといけません。
りばぽにダブル食らおうが、漫遊にいたぶられようが、ダービーだけは負けてはいかーん!!!
今季は特に、年末、最悪だった時期にアウェーで引き分けてますからね…
バルサもクラシコで大変でしょうが、うちらだって大変なのですよ。

2009.04.29

スラベン・ビリッチ、チェルシー監督候補に浮上か

 ヒディンクってやっぱすごいなあ…短期間で結果を出すことに関しては世界一かも。辞めて欲しくないなあ…
 と思ってたところへこのニュース。

Slaven fits Blues(Sun)

 次の監督候補として、ビリッチの名前が挙がっていると言うお話。クロアチア代表監督としての契約は2010年までありますが、ケニヨンがもうコンタクトを取ってるんだそうです。ヒディンクが推しているらしいです。
 意外っちゃ意外。でも結構好きなので嬉しいんですけど1、どうですかね。
 プレミアでも、ハマーズとえばとんでプレイしたことあるし。確かかめさんが詳しいはずだ。

 40歳かあ…
 若いよねえ…
 タッチラインぎわでは生えるだろうなあ。


  1. だって純粋に、かっこいいんだもん [back]
2009.04.29

チェルシーは勇敢な英雄か、世をすねたぶち壊し屋か?

Are Chelsea brave heroes or cynical spoilers?(Times)

 グアルディオラが「アタッキングフットボールをやっていたのは1チームだけだった」とか言ってることについて。

Matt Dickinson claims Chelsea did nothing wrong. “We came expecting a display of football’s arts and we got one – in smothering tactics,” he said, adding, “it is what Chelsea did last night throughout the entire 90 minutes; not cynically, whatever the howls of the Nou Camp crowd may have told you, but obdurately and in a way that only a team as experienced and physically strong as Chelsea could.”

私たちはフットボールの技術を見ることを期待してやってきた。そして、「相手を窒息させる戦術」というのを見せてもらった。それこそ、チェルシーが90分間やっていたものだ。
彼らは斜めに構えているわけではない。カンプノウの群集がどうわめこうとも、経験がありフィジカルも強いチェルシーのようなチームだからこそできた戦術である。

Tony Cascarino agreed. “It was Chelsea’s turn to park the bus in front of goal,” he explained. “You can’t blame them, given the hidings that Lyons and Bayern Munich suffered at the Nou Camp this season.”

ゴールの前にバスを停めたのはチェルシーのほうであった。
リヨン1やバイエルン2がカンプノウでどんなことになったかを考えれば、彼らを責めることは出来ない。

 それに、攻めてたよドログバは。
 誰かさんが変なバックパスした時とか。


Close to perfection! Terry hails Chelsea heroes after blocking out Barca(Mail)

 ほぼ完璧な出来だったんじゃないかな。監督もクラブも、俺たち自信も誇りに思ってるよ。間違いなく、自分がプレイしたなかで最高の試合のひとつだった。
 中盤も良かったけど、俺たちはチームとして一丸となって守備をした。けど、まだ半分しか終わってないからね。
(テリー)

 ちょっちヒヤッとしたところもありましたけどね。
 バラックがカリカリしてたのとか、マルーダがやり合ってたのとかもあったし…3
 でもほんと一丸となって守ってたよ。
 セカンドレグにはアシュリーが戻りますが、バルサはラファエル・マルケスが怪我、プジョルが累積で出られないそうです。


Lampard: Barca job is half done(Sun)

 次はホームといえども、簡単な試合にはならないと思う。失点しちゃいけないし。
 アウェーゴールは大切だってみんな言うけどさ、そりゃ決められたら良かったのは当たり前だけど、クリーンシートで終えられたということを喜ばないといけないよ。カンプノウでバルサを0点におさえられたチームは、そんなにないからね。
(ランパード)


Terry’s secret blue movies(Sun)

 試合前に、飯と杏里と江藤のビデオを何時間も見たんですって。
 ヒディンクもそういうの作るのかな。


  1. Barcelona 5-2 Lyon [back]
  2. Barcelona 4-0 Bayern Munich [back]
  3. マルーダが倉敷さんに「上手くいっていません」て言われてたけど、マッチアップする敵味方が「上手くいく」っていうのはどういうことを指すのだろう? [back]
2009.04.29

Barcelona 0-0 Chelsea

(フースのゲームプラン、バルサに得点を許さず)

(フースのゲームプラン、バルサに得点を許さず)



 どろの1対3(笑)が決まってれば…と思いましたが、贅沢というものでしょう。あのバルサを0点で止めただけすばらしい!
 飯を封じ込めたこと、そしてチェフのおかげである部分が大きいと思いました(各紙ほめてある)。心配してごめんね。
 いやいや~~~よくやった!(^o^)
 打ち合いになると私も思ってたんですがね。

 セカンドレグはホーム。プジョル姉さんいない。これは勝ち抜けが見えてきたね。テリー君のトラウマを、こんなに早くはらす日がやってくるとは(ともう思ってる)。
 ワクワクです。

追記
 あまりにも引き引き(笑)だったので、バルサがぶーぶー言っているらしい…
 でも、そういう試合だってあるよね。チェルシーじゃなくても。
 今日みたいなあからさまな布陣は、チェルシーだってよっぽどじゃないとやらないので。
 「勝てばいい」のか「スペクタクルを見せるべき」なのかは、プレミアでもよく論争になるところで(特にべんげるとか…)、今回に限った話ではないので気にしません。
 その問いに対し、チェルシーは前から「勝つことが優先」という答えを出し続けてきました。
 とにかく次に勝つことを期待します。

 これまでのチームでは、カンプノウで毎回3点取られてたヒディンクがよく0点におさえきったと思うよ。
 ドログバだって、トップで孤立していただけではなく守ってたし。



Read more »

2009.04.28

CL 09/10~11/12シーズン スカパーが日本国内独占放送権を取得

だそうです。
リリース(pdf)はこちら

【放送内容】
・ UEFA チャンピオンズリーグ 全125 試合 生中継を中心にハイビジョン放送予定
・ UEFA ヨーロッパリーグ(旧 UEFA カップ) 全205 試合のうち
日本人選手所属チーム、強豪チームの試合を生中継中心に放送予定
・ UEFA チャンピオンズリーグ プレイオフ 全20 試合のうち注目試合を中心に放送予定
・ UEFA スーパーカップ(チャンピオンズリーグ王者 対 ヨーロッパリーグ王者)
全1 試合を生中継で放送予定

私としてはやっぱ、UEFAカップのプレミア勢の活躍が見たいです。
UEFAスーパーカップというのは、CL優勝チーム対ヨーロッパリーグ優勝チームなんだそうですけど、これまであったっけ?
チェルシー対マンシティとかになったら笑えるね(今年はもうないけど)。

2009.04.27

West Ham 0-1 Chelsea

 ハラハラさせられましたが、勝ててよかったです。まさかえばとん戦の二の舞に…とちょっと思ったので。
 パフォーマンスは良くなかったと思いますが、まっさきに思ったことは

これはチェフのカムバック宣言だ
 ということでした。
 試合終了後も、カルーでなくチェフがずっと映されていたし。
 これで自信を取り戻してくれればいいな。

 それと、この日は若者活用週間でしたな。
 べれっちスタメンも新鮮でした。

“I have rested some players but if I had suggested doing the same to Frank Lampard, well, I didn’t even talk to him about it.
“He would have looked at me as if to say, ‘Why are you doing that?’ These guys with big personalities, they want to play every game.
“Maybe some time in the near future I will have to tell him he’s not going to play, but without looking at him I think.”
(ヒディンク)

 今日は何人かに「今日は休め」と言ったのだが、ランパードにそのようなことを言ったら…いや、そもそもそんなことは言わなかったのだが、言ったとしたら、彼は私の目を見て言っただろう。「なぜそんなことをするのですか?」と。
 彼らはすばらしい人格の持ち主であり、毎試合出たいと思うものなのだ。

 将来彼に「今日の試合には出るな」と言い渡すことがあるかもしれないが、そのときは、彼の目を見ずに言うことになるだろう。

 それほど長い間一緒にいるわけではないのに、すでにらんちゃんを理解しているなあ。

“They didn’t forgive him for leaving.
“Frank is a very good professional, a very good boy and it makes me sorry to think he has a problem with this crowd.”
(ゾラ)

 ハマーズのファンたちは、ランパードが移籍するのを許さなかった。
 フランクはプロ意識を持ったすばらしい選手で、とてもいいやつでもある。だから、ファンとの間に問題があることはとても残念に思う。
 

Terry unhappy with Hammers abuse(BBC)

 カルーのゴールがハマーズファン側だったため、客席からなんか投げ込まれたらしい。
 らんちゃんは、ボールを持つたびぶーぶー言われていたのは毎度のこととして(まあ、うらやましいんでしょうな)、テリー君も5年間ハマーズののアカデミーにいたため、かなりやじられたことに対して「やりすぎだ」と怒っています。

 点が入った時、すぐにランパードのところにこれ見よがしに駆け寄って行ってやったけどさ。
 (ハマーズファンに)ああいうことをやる権利があるなら、やられる義務だってあるわけだよ。やったら、やり返されることは覚悟しなきゃ。

2009.04.23

Chelsea 0-0 Everton

がびーん
守備堅いのは分かってたのに

あきまへん…なんでお付き合いするんじゃ。

2009.04.22

Liverpool 4-4 Arsenal

あのCLでの死闘(Chelsea 4-4 Liverpool)以来1週間、次の試合も4-4で今度はホーム…ってなんかりばぽはどうしたのか…

分かった!


これはヒーピア(4)の呪いだ!!!


掲示板に「10年寿命が縮んだわ!」って書いてるガナサポがいて、
その気持ちは良く分かるチェルサポなのであった。

アルシャビンが尻上がりに調子を上げているようで、4点はクアドラトリックとかって言わないのね。
「アルシャビンて、ハゲチャビンに似てる」とお祝いのメール(???)を送ったところ、リアル友のガナサポであるLPさんから「確かにかわいいけどハゲチャビンはひどい!」と返事が来ました。

ガナが勝ってくれればもっと良かったんですけど、これで今日のえばとんに勝てばりばぽとは1ポイント差。
2位が俄然見えてきました。
次は1位だね!
「もし3冠取れても、シーズン終わったら辞めるんですか?」ってヒディンクに聞いた記者がいるようですが、アホかとバカかと。

2009.04.21

モウリーニョ “There’s no magic formula to management, it’s simplicity”

Neville inspired by Mourinho chat(BBC)

 ACミランがマンチェスターに来た時(いつのこと?)、ホテルで寝坊弟1とモウさんが話したんだそうで。どこのチームでというのではないけど、いつかは監督をやってみたいなーと思ったそうです。

 モウさんはとてオープンで、監督業のことや選手、監督をやりながらの家族との生活についてもいろいろ話してくれたそうで。1時間半の話の間、ほとんどモウさんが話してて、弟は聞き役だったそうですが、一番心に残ったのは「監督業に『これさえやれば大丈夫』という魔法の法則というのはなくて、ものごとをシンプルに行うのが一番だ」という言葉だったそうです。


  1. 現えばとんのフィル・ネビル [back]

Next »