Home > 6月, 2009
2009.06.29

スコラーリ「言うこと聞かないスター選手たち」

 現在、ウズベキスタンのBunyodkorというチームで監督をしているフェリぽんのインタビュー。

Scolari reveals Chelsea troublemakers: finger pointed at Drogba, Ballack and Cech(Mail)

 今日、サッカーチームの本当のオーナーは選手たちである。彼らこそがすべてを決めるのだ。ヨーロッパのビッグチームの監督は、彼らの要求に抵抗できるほどの権限を持っていないのだ。
 5年契約で1年に400~900万ユーロも稼いでいるスター選手たちと、監督。チームはどちらをより優先して首にするか。言うまでもなく、真っ先に首になるのは監督である。スター選手たちはすでに権力を得ていて、自分のやりたいようにやっているのだ。
 私がチェルシーにいた間に一番の問題だったのが、この点だった。

 ドログバ、バラック、そしてチェフは私のトレーニングのやり方を受け入れなかったし、私の指示も聞かなかった。
 ドログバは「捻挫をしたので、治療に2ヶ月かかります」と申し出た…カンヌでだ! バラックは足の裏に長年の痛みを抱えていて、「治療のためにケルンに行きたい」と言ってきた。そしてチェフについては、ほかにも問題があった。彼は、GKのトレーナーを私物化していたのだ。私はこのやり方が好きではなかった。なぜなら、GKコーチは彼だけでなく、ほかのGKも担当しているのだから。それを言うと、彼は激怒して、それ以来私に対する態度が冷たくなった。
 控え室では、すぐに私に対する風当たりが強いことが明らかになった。そしてついには、チェルシーの役員たちは選手たちの側についた。

 私はもう決してイングランドでは仕事をしないだろう。来年、イングランドのチームにはいろいろな問題が起きるに違いない。所得税の税率が変わり、これまで40%だったものが50%になったのだ。言い換えれば、チームが選手に100万ユーロの給料を払うためには、200万ユーロを支払わなければならなくなるのだ。選手の買収合戦も様変わりするだろう。なぜなら、スペインでは20%、トルコではたった12%なのだから。

 ドログバとバラックはなんとなくわかりましたが、チェフがねえ…。
 それにしても、こんなドログバを飼いならしてしまったモウさんてどんだけすごいんだ。


Scolari points finger at Drogba and Co.(Independent)

 こっちのほうが長い。
 「間取の問題はラウール。いまだに控え室を取り仕切っているのは彼で、好き嫌いがある」んだそうです。

2009.06.27

今日の移籍市場

Friday’s gossip column(BBC)

 BBCのゴシップ。
・400万ポンドで、チャールトンの17歳のFW、Jonjo Shelveyを獲得する見通し。ライバルは新城、スパーズ、ハマーズ…って相手にならん。
・ボロのGK、Ross Turnbullをとるのではないかとのうわさ。彼はボロとの契約更新を拒否したらしい。


Premier League ins and outs(The Sun)

 今のところの移籍状況。

2009.06.26

漫遊の新ユニがラグビーっぽい件

Roo cannot be serious!(The Sun)

 こここ、これはまた、ユニークなユニで…
 あれ、でもスポンサーはAIGなの?


It’s child’s play for City-bound Tevez after United striker enrols daughter in local school(Mail)

 テベっさんが、4歳のおじょうちゃんをCheshireにある公立の学校に入れたらしい。
 てことは、イングランド北東部に残るつもりであろう…
 という観測が出ております。

2009.06.26

[音楽]Man in the mirror –R.I.P., MJ

最近の若い人たちは、マイケル・ジャクソンを知っているんでしょうかね。

彼については、ThrillerとかBadとかBeat itといったヒット曲が思い浮かぶ人が多いと思います。
私に関しては、なんといっても「Man in the mirror」です。
私は特にMJのファンではなく、CDも1枚も持っていませんが、この曲だけは折に触れて思い出します。

I’m starting with the man in the mirror
I’m asking him to change his ways
And no message could have been any clearer
If you wanna make the world a better place
Take a look at yourself, and then make a change

鏡に映った男のことから始めるんだ。
僕は鏡に映った男に言う、「自分を変えろ」と。
何より明らかなメッセージ、それはこういうことさ。
「世界をもっと良くしようと思ったら
 自分自身を見つめて、そこから変えなきゃ」

せちがらい毎日を送っていると、自分の思い通りにならないことも多く、自分の思い通りにしてくれない人も多く、うまくいかないことは他人のせいにして、他人に対して頭にきてしまうことも多いです。
「あんたがそうだから、こうなってしまうんだ」と。
でも、そういう時によくこの曲が頭の中で鳴っていました。
「鏡に映ってる人から変えないと」
「世界をもっと良くしようと思ったら、まず自分から変わらないと」

自分を変えられないのに、他人なんて、
ましてや世界なんて変わらない。


You’ve got to move!
Come on!
Stand up! Stand up! Stand up!
Stand up and lift yourself, now!

Make that change.



BBCがニュース番組をネット上でストリーミングしてくれていたので見ていたのですが、日本の報道よりも「彼が黒人だった」点がより大きくクローズアップされていた気がします。

彼が出てくるまで、MTVでは黒人の音楽は流れていなかったこと。
彼がracial barrier(人種の壁)を破ったこと。
ある記者はこうも言っていました。
彼は、白人になりたかったわけではない。白人でも黒人でもない、ピーターパンになりたかったんだと。

不世出の人だったと思います。

2009.06.25

[雑談] World Wide Kids

3歳の甥(妹の息子)がいるのですが、幼稚園で習う英語が好きみたいです。
で、World Wide Kidsというベネッセの英語教材を買おうかと考えてるそうです。
しかし、これ毎月DVDなどが届いて、2年で18万円もする……

た、たかーーーーーーーーーー。
ディズニーのだと70万くらいするんだそうで。
なななななんて額だ。

そんなにみんな、英語が話せるようになりたいのか。
いや、あたしだって話したいけどさ。
でも、どんな勉強方法がいいかなんてわからんのよ。

あたしが子供のころ、18万の教材なんて買ってもらえなかったよ。

2009.06.25

新城の新アウェーユニがバナナっぽい件

And you thought relegation was bad!(The Sun)

 チェルシーのセカンドユニもたまに蛍光イエローだったりしますが、黄色ってなんか弱そうに見えるのよねぃ。
 マイコーが出て行くという話もあり、どうなっちゃうんでしょう。


Pictures: Tottenham’s new kit and all the new season home and away football strips 2009-10(Mirror)

 こっちはスパーズの新ユニ。Vの字が入ってる。
 もうちょっとしゃんとして写ればいいのに、ロビー…


NEW AWAY KIT AVAILABLE (公式)

 と思ったらチェルシーのアウェーユニも出てたよ!
 なんだこりゃ!? す、ストライプとは…


Samuel Eto’o takes a step closer to Manchester City as Barcelona make ¢G37m move for David Villa(Mail)

 マンシティが江藤に手を伸ばしてきそうなので、バルサはビジャを取りに行くらしいという玉突き人事。

2009.06.25

ジョン・テリー、「最優秀お父さん」に選ばれる

Sport quotes of the week(BBC)

2009.06.24

チェルシー対インテル@Rose Bowl っていつの間に?

 知らなかったんですけど、こんな試合が予定されてるんですか…?
 大体、Rose Bowlってどこ? アメリカ??
 公式を見たら、どうもこれのことらしい…
 プレシーズンのどさ回り(?)とはいえ、モウさんと再会することになるのか…。

2009.06.24

マルーダがご延長

MALOUDA AGREES NEW TERMS (公式)

 マルーダが契約延長。4年契約で、2013年までとなりました。
 来たと思ったら、監督もマケレレもいなくなって、少なからず苦労したと思いますが、今後ともヤロシクお願いします。


Striker Sturridge off to Chelsea(BBC)

 公式のほうには出ていませんが、マンシティの19歳のストライカー、ダニエル・スタリッジと契約するそうです。
 彼のマンシティとの契約は6月末で切れ、更新を拒否しているので、通常ではこのままだとフリートランスファーということになるのですが、24歳以下ということでボズマンルールは適用されず、契約料がいるんですって。
 今のところ、2チーム間で移籍金について折り合いがついておらず、今後tribinal(審議委員会)で決められることになりそうです。
 ちなみに、生まれはバーミンガムで、ヴィラユース出身。

 そういえば、マイコンの話はどうなってるんだか。


Manu is not Gunner be Blue(The Sun)

 知らなかったんですが、アデバヨールとのうわさが出てるらしい。
 でも、アデの代理人は「チェルシーとも漫遊とも話はしてない」と言ったそうです。
 じゃあシティなのか? と思ったらどうも、ACミランのようで…。


All today’s transfer news(The Sun)

 エシアンのエージェントが「エシアンはチェルシーが好きだけど、間取とかバルサみたいなチームからオファーがあったら、考えようかな」と言ってるらしい。
 まあクラブへの揺さぶりだなこれは。

2009.06.23

リバプールの債務、RBSがリファイナンスに応じる?

Liverpool close to bank debt deal (BBC)

 りばぽのロイヤル・バンク・オブ・スコットランドに対する債務(3億5000万ポンド)で、7月24日に返済期限を迎えるものについて、リファイナンス(借り換え)が成功しそうという話です。
 それほど細かく書いてあるわけじゃないんですが、「RBS will insist on significant payments in the subsequent six months」とあるので、これがリファイナンスできたとしても、6ヵ月後にも償還期限を迎える債務がいっぱいありまっせ、ということかな。(償還期限の分散化がちゃんとはかられてないってことか?)
 大体、どの程度の期間、どの程度の利率でロールオーバーできるんでしょうか。ちっとも書いてないので(というか決まってないんだと思いますけど)、これだけではよくわかりません。FTにも載ってない。

 りばぽに限らず、日本もそうなんですけど銀行さんは今どこも苦しくて、貸し渋りだの貸し剥がしだのやってる最中なわけで。
 リファイナンスの条件が厳しくなる(=より短期になり、利率がより高くなる)のは、りばぽだけの話ではございません。なんというか、綱渡りです。もちろん、リファイナンスできるだけでも恩の字とも言えるのですが。


Liverpool walks on(BBC)

 あんまりレバレッジ効かせすぎた借金経営してると、でかいツケが回ってくるで、って話。それは、ベニーテスでもゴードン・ブラウン(英首相)もおんなじ。

(つまんないネタかもしれませんが、こんなこと日本で書くのは私くらいかなと思って、勉強のためにも取り上げてみました)

Next »