Home > 6月 2nd, 2009
2009.06.02

ガッツさん「アンチェロッティは厳しい男。しかし…」

Carlo is tough – just like Fergie(the Sun)

 アンチェロッティの退団に際して泣いてしまったというガッツさん。
 ひげそったらえらい若く…。

 ガッツさんのインタビューなんて訳したことがないので、口調をどんなふうにするかで悩みました。

――チェルシーにはスター選手がたくさんいるわけですが、コントロールできるんでしょうか?

 カーロにとっちゃ、そんなのへでもねぇやな。全然問題ない。
 もし、チェルシーの選手のなかにカーロの考え方に合わない態度のやつがいたら、そいつはすぐに考えを改めなきゃいけないことがわかるはずだ。

 イングランドでは、アレックス・ファーガソンが有名だよな。彼のお気に召さないことがあったら、控え室ではどういうことになる? カーロもおんなじさ。
 彼が不満に思えば、何が起きるかは知れたことだ。物分りのいい人間を演じようなんてことはしないんだ。そうすることがチームのためになると知っているからなんだ。
 カーロとファーガソンは、世界でもっとも成功した監督だ。だから、こういうやり方は正しいってことだろ。カーロのもとでプレイしてる選手たちは、誰がボスなのか、ちゃーんとわかってるのさ。

――モウリーニョ以上の成功をおさめられますかね?

 モウリーニョがすげぇ遺産を残してったってのは知ってるよ。そのせいで、後任の監督たちにはやりづらいとこもあっただろう。だけど、カーロはジョゼよりもっと大きなものを作り上げられるはずだ。俺の言うことに間違いはねえ。
 カーロはCLのエキスパートだ。チェルシーに足りないのはそこだろ。すごい惜しいところまで行ったけど。そんなチェルシーを、CL優勝まで導けるやつがいるとしたら、それはカーロだ。ほかの誰よりも彼は適任さ。

――人間としては、どういう人なんですか?

 ミランを辞めるってことがわかったときゃ、控え室ではみんな泣いてたよ。
 そう、カーロはすごく厳しい男だ。でも一方で、控え室でとても愛された男なんだ。
 これまで俺は、辞めていく監督の前で泣いてる選手なんか見たことが無かった。どんだけカーロが愛されてたかってことだよ。数ヶ月以内に、カーロは同じようにチェルシーの選手からも愛されることになると思うぜ。間違いない。

――ACミランから選手を連れて行くなんてことはあるのでしょうか?

 ミランをずたずたにするようなことはしないと思うな。彼はミランを愛していて、いい関係を築き上げてきたんだから。
 カカが出て行くとかいううわさはいつも出るけど、それはカカが世界最高の選手の1人だからさ。でも、この1月に、その答えは出たはずだ。カカは、どのイングランドのチームにも行かなかっただろ。彼の答えは、いまだに変わってないはずだ。


 ガッツさんといえばケロタカさん。ありがたいことにアンチェロッティはこんな監督。というエントリを書いてくださっているので、リンクしておきます。


20 things you never knew about Carlo Ancelotti(The Sun)

 アンチェロッティについての20の秘密。

2. ユベサポに豚呼ばわりされた時の反論。「動物を侮辱するな!
4. 趣味は乗馬。
6. 娘のカティア(24)はタレントで、チェルシーTVに出たことがある
10. ミランが2005年のCL決勝でりばぽに負けた時、賭けに負けてしばらく禁煙した。
11. 以来、リバプールの出ている試合はまったく見ない。(これからリーグでもライバルになりますが…)
12. 漫遊に負けた時、ファーギーからの「まあまあ、ワインでも一緒に飲むっぺ」という誘いを断った
13. ユベを愛していたのは「コーチをやっていた時だけ」。
14. 「最高のサッカー選手はジダン
15. カカがミランに来た時、彼のことをまったく知らなかった。
17. ローマ時代、監督のエリクソンをからかって遊んでいたが、実は尊敬していた。エリクソンが首になった1987年、自分もクラブをやめた。
19. 現役でも監督としてもCLで優勝した人は6人いるが、そのなかの1人
20. 今までとったトロフィーは17

2009.06.02

出戻りなるか? GJ

 移籍のうわさはあまりフォローしてないんですが、これにはちと驚いた。

Get me Pato and Johnson
(The Sun)

 パト(19)はあれとして、ジョンソンてどこのジョンソンですかと思ったら、

グレン・ジョンソンでした。
 パトには3000万ポンド、ジョンソンには1200万ポンドを出したそうです。
 ジョンソンの競争相手はりばぽとマン・シティだそうで。バリーはマンシティに行くらしく、やっぱ金なのかね~と思ったり。