Home > 8月, 2009
2009.08.31

ジョン・テリーが5年契約

 よかったよかった!

JT SIGNS NEW CONTRACT (公式)


Terry pens five-year Chelsea deal (BBC)

2009.08.31

SHEVA’S GOODBYE

SHEVA’S GOODBYE (公式)

 遅くなってしまいましたが、シェフチェンコがディナモ・キエフに帰ることになりました。
 残るのかな、と思ったんですが…

 ウクライナは私の故郷ですし、キャリアを始めたところなので、そこへ戻ってそこでサッカー人生を終えるのもよい決断ではないかと思いました。
 私は常にチェルシーのためにベストを尽くしてきました。レギュラーで試合に出たいというのが、私が移籍を決断した理由です。クラブとアブラモビッチ氏、そしてクラブや選手と一緒に働いてくれたすべての人々に大変感謝しています。ここにはよい友人もいますし、彼らとはとてもよい関係をもてました。そしてカーロ。アンチェロティにも感謝します。彼のことはとても尊敬しています。彼は監督というより友達みたいな存在で、私の決断を理解してくれました。この決断が私にとっての最善でした。

‘I feel when I played for Chelsea I received big support from the fans. I will remember for all my life this club and I hope I can come to the stadium and say “goodbye” to the fans, I want to send a message to thank them for their support and to enjoy their football and watching their team, I send my best thoughts for the team and hope that Chelsea wins many titles.’

Sheva, the club’s record signing when he arrived in the summer of 2006, scored a number of memorable goals while with us, notably an FA Cup quarter-final replay opener against Tottenham and a late equaliser against Leicester in the Carling Cup in 2007, yet it is experiences away from the field that he will remember best.

‘The best memories are the relationships with the players and the fans because it was three hard years and some games I played okay but many games I was out injured and every time I came onto the pitch I tried my best,’ he explained.

‘I know I scored some fantastic goals here, that Tottenham one was one of them, and it is another great memory for me. English football is one of the best leagues in the world and has wonderful fans with a very good attitude to football, so I will remember it well.’

2009.08.30

モウリーニョとラマダン

モリーニョ監督、ラマダン批判でイスラム過激派から死の脅迫(スポナビ)

 断食は日中だけですから。日が落ちたらめちゃくちゃ食べてるので大丈夫ですよ、モウさん!

2009.08.29

Man Utd v Arsenalのおもひで

Punch-ups, penalties and pizza: The 10 best bust-ups from Manchester United v Arsenal encounters(Mirror)

 開幕4戦目ですでに漫遊対ガナというガチンコ対決。
 これまでの「名場面」(=大乱闘シーン)をミラーがまとめております。
 たいていのシーンに、ヴィエラが入ってるような。

2009.08.29

Chelsea 3-0 Burnley ~余裕でしたよ漫遊さん?

 後半の立て続けに2点入ったとことかは、特に爽快でしたな。

Chelsea 3 – 0 Burnley(BBC)

ポゼッション:チェルシー 64:36 バーンリー
シュート数:27:3
枠内シュート数:17:0
コーナー:10:1

 チェフ、1回だけ1対1になってヒヤッとした場面がありましたが、それ以外はあまりお仕事なかったですね。

前半
・攻めてるんだけど…いい加減点入れてほしい。カーリングカップはChelsea v QPRか…
・ポゼッション高いとかえって入らなかったりするんだよな~。
・バーンリー、ゴール前に8人くらい守ってる気がする。
・終了まぎわ、姐ルカスライディングしながらゴール。よっしゃあああ!!!
・ギリで前半に得点。きっとロッカールームのバーンリーは気落ちしてるはず。すごい必死に守られてるからなかなか難しかったが、逆に向こうにカウンター要員がいない(いても、シュートまでつながらない)ことに助けられている。

HT
・スカパーで、イケメン投票をやるんだって。「ジェラードじゃないか」と実況。ジェラードはイケメンじゃないだろ。ルックスじゃないのよあの男の魅力は。
 イケメンは、クディチーニ。そしてらんちゃん。
・でこっちがもう少し試合に入れるといいのだが。まあそんなこと言ってたら、ぽこっとミドル入れたりするのがこの人なんだけど。日本茶入れたので一息つきます。
・「柱に縛り付けて殴りまくる」…たこ殴りっていうんですよ、そういうの。
・あそこから走ってきて間に合ったんだもんな~、姐ルカ。えらいえらい。バーンリーのほうは、あの1対1はずした場面くらいかな。

後半
・開始早々、わ~い、バラック~~~。
・らんちゃんのパスは左足? バラックの得意のシュートでしたな。頭で。
・今度はあ~しゅ~~り~~~~ すげーー。意外とセレブレーションが小ぶり。
・油様もお喜びぢゃ。
・あ、ベレッチ、アキレス腱の怪我から戻ってきたんだ。ライトバックはこの人本職なんだよー実況が忘れてる(笑)
・次の復帰はジョーだよな~~
・倉敷さんならこう言ったであろう。「せっかくテリーが上がってるんだから、テリーに打たせてあげて」
・ドログバ交代。
・イェンセン仕事しすぎ
・審判流しすぎ
・がーんオフサイド。バラック下がってミケ
・カルーのコロコロシュートはメアーズにギリで掻き出されたが、この点差なので悔しくない。
・「若いもんが無茶しおる」とグエレロに苦笑する監督
・3-0勝利! 乙~
・なんだろな…漫遊がなんで負けたのかわからん。がちっと守られて焦ったのか? くたびれてくるまで待てなかったのか。アウェーだったけど。
・暫定首位に返り咲き(笑) 次はストーク(A)です。Englandは9/5にスロベニアと親善試合、9/9にいよいよW杯予選、クロアチア(H)。勝つしかない。

2009.08.29

ノエル兄貴がOasisを脱退 弟との喧嘩で

 このブログにはたびたび登場するマンシティのダイハードなファンでファビュラスなメロディメーカー、Oasisのソングライターであるノエル・ギャラガー兄貴。
 なんとOasisを脱退したそうです。

オアシスのノエルが脱退表明、理由は「兄弟の不仲」(AFP)

 まあここの兄弟げんかは有名ですからねえ…
 ITNによると、ロックフェスでオエイシスの前にやったBloc Partyが「オエイシスは今日演奏しません」と言ったので、ファンは「どうせジョークだろ」と思ったのですが、スクリーンに「バンド内の口論の結果、オアシスのギグはキャンセルされました」と表示されたのでびっくりしたそうな。
 そんなとこで喧嘩しなくても…。

2009.08.29

ベンゲル「エドゥアルドの処罰は、まるで魔女狩り」

Wenger: It’s a witch hunt(The Sun)

 まるで魔女狩りだ。マラドーナの「神の手ゴール」だって、罰せられなかったではないか。
 私は100%、ダイブには反対だ。しかし、今回のことはまったくの侮辱だ。UEFAの処罰は受け入れられない。
 私たちは、チームの選手を守る。出来る限りのことをする。

 審判をだまそうとしたディフェンダーは、全員罰せられているだろうか? そうでないのなら、なぜ罰しない? どのくらい多くのディフェンダーが、ストライカーのシャツを引っ張っているだろうか? これだって、審判をだます行為だ。では、なぜ罰せられないのか?
 セルティック戦のことを言うなら、その面についてはなぜ処罰しようとしないのか。

 議論の余地があるのは、あれがペナルティだったかどうかだ。なのに審判たちは「エドゥがダイブしたかどうか」で判断している。だから私は同意できないのだ。
 彼らは、非常に危険な扉を開いてしまった。今回のことは、審判の判断にはすべて異議を申し立てることができることを意味する。であるから、私たちはこれからヨーロッパの試合における審判の判断にはすべて、異議を唱えさせてもらう。絶対だ。

 ドログバとボジングワの処罰も、なかったことにする方向で!(笑)

2009.08.28

CLグループステージ、チェルシーはポルトなどと対戦

Group D

CHELSEA
Porto
Atletico Madrid
APOEL Nicosia

 ということになりましたが…


BELLA KEEN ON SUNNY SUCCESS (公式)

 ベレッチ、CLグループステージの抽選結果について聞かれて。

 ……ファンにとっては楽しいツアーになりそうだね(笑)
 アトレティコ・マドリーはセルヒオ・アグエロとかいい選手がいるし、ポルトはいつも難しい相手だ。APOELについては、正直俺たち何も知らないけど、試合の日が近づいたら研究しなくちゃいけないことになるだろう。

 アグエロとはプレイしたことないけど、フォルランは彼がビジャレアルにいた時にやったことがある。攻撃面では、アトレティコは欧州でも最強のチームの1つじゃないかな。マキシ・ロドリゲスも、アルゼンチンの優れた選手だ。前の試合をテレビで見たけど、すごい良かったよ。昔より良くなってる。でも、昔の彼らはスタートはいいんだけど、そのうち消えていってたんだよね。

 APOELはコペンハーゲンに勝ってグループステージ初出場なんですね。


Robben wraps up Bayern move(Sky)

 房男が出場機会を求めてばいやんへ移籍。
 ばいやんな房男ってなんか似合わない気がするが。
 確かに、スペインよりは祖国に近いし、関係も深い国だけどさ。

 それにしてもこの写真…
 どんだけスペインで苦労したんだ(涙)


Chelsea rule out reported £57m bid for Bayern Munich winger Franck Ribery(Mirror)

 フランスの報道によると、チェルシーはリベリは買わないらしい。

2009.08.26

チェルシー、公開練習でブーイング

Chelsea PR offensive ends in jeers(Independent)

 昨日の90分間のオープントレーニングですが、一番歓待されたのがジョーだったそうな。そりゃそうだろ。本人も、あと1年しか契約がないし、フィットネスが十分であることをアピールしたかったんだと思います。
 子犬よファイトだ!

 でも、「セキュリティ上の問題があるので、今日はサインはしません」とアナウンスがあったので、ファンはがっかりして、ブーイングまで起きたそうです。
 8000人くらいきてたそうなんで、サインしてたら大変ですけどね。

 それと、テリー君が「バーンリー戦、応援に来てね」とアピールしたそうです。
 漫遊とえばとんに勝っているかだというだけでなく、カーリングカップでPKで敗退したこともあるので…

2009.08.26

West Ham 3 – 1 Millwall ~血で血を洗う因縁対決

FA to probe Upton Park violence(BBC)

 25日に行われたカーリングカップ予選、ハマーズ対ミルウォールという超・超・超やヴぁい対戦だったんですね~。以前ここでも紹介した、映画「フーリガン」も主人公たちハマサポと、ミルウォールのファンが抗争を続ける話ですが…



 ピッチ外でファンが刺されたり、数百人が乱闘になったりしたそうです。
 こっちはデイリー・メール。流血してますので、心臓の弱い人は見ないように。
 West Ham fans face life bans as hundreds go on bloody rampage in night of shame against Millwall at Upton Park(Mail)
 まさに、映画を地で行くようす。

 これはいかんだろ…(こちらは怖い映像はなし)
 98分、ハマーズのStanislasのPKが決まって勝ち越したシーンです。



 選手たちも困ってる…。
 スコット・パーカーもいたのに…。

 ハマーズは相当な額の罰金を取られるそうで…ゾラも「こんな光景は見たことがない」と言っているそうです。そう、ハマーズはどうでもいいが、ゾラが監督をやりにくくなるのはいやだ! 監督業に愛想をつかせてしまわないように祈ります。いつかはチェルシーに帰ってきてもらいたいしね。

 ミルウォールについては、ここを参照。
 泣く子も黙る、いやもしかしたらウルトラスでさえ一目おきそうな、最凶のフーリガンで有名です。試合のある日は、ロンドナーも最寄り駅にあまり近づきません。
 私でさえ、スティーブン・ハントにはいまだに怒りをいだいているのだから、同志であるファンを殺された彼らの憎しみはいかばかりか…。


Yobs return to tarnish game(The Sun)

 サンの見出しはそのまんま、

チンピラどもが試合を汚しに帰ってきた


 です。

Next »