Home > 12月, 2009
2009.12.29

モウリーニョ「愛されているのを感じる」

Mourinho: I feel the love(The Sun)

●2年以上ぶりのスタンフォード・ブリッジ

愛されているのを感じる。本当に愛されているのを感じるよ。
とても感傷的になっている。

辞めてからロンドンに来たのはたった2度目だが、スタンフォード・ブリッジには今回が初めてだ。戻ってこられて本当にうれしい。たくさんの友人にも会えた。
長いこと戻ってこなかったのは、邪魔をしたくなかったからだ。チェルシーは3ヶ月ごとに監督をとっかえひっかえしていたし、そういうのを見たくなかった。自分が来ることで問題を起こしたくもなかった。
それに、戻ってくるのがつらかったということもある。
私はここですばらしい日々を送った。ここが好きだったし、辞めたいなどと1度も思ったことがなかったからだ。
辞めるのはつらかった。だから、ここを再び訪れることはいつもつらかった

しかし、時は流れ、私はまた戻ってくることができた。チェルシーはプレミアリーグのトップに立っているからだ。
だからそんなハッピーなチェルシーにまた戻ってこれて、とてもうれしい。
私はここを本当に愛していたし、辞めなければならなくなった時は本当に悲しかったのだから。

とても良い気分だ。スタンフォード・ブリッジは私の家だし、リーグではこのスタジアムで3年以上も負けたことがなかった。負けたのはCLの1試合だけだった。
いろいろなことを思い出すな。私はここにいてとても幸せだった。私は決してそれを忘れない、そしてチェルシーのファンも忘れない。イングランドの人々も忘れないだろう。
私が彼らのためにしたことや、イングランドフットボールのためにしたことを、彼らは決して忘れないだろう。


●チェルシーは「優勝できる」

チェルシーは今季また優勝できると、本当に思っているよ。彼らはリーグのトップで、リバプールがすでにタイトルレースから脱落したのは間違いないように思う
マンUも迫っているが、クリスチアーノ・ロナウドがいた頃のチームとは変わってしまったようだ。彼は世界でも最高の選手なのだからな。彼がいるのといないのとでは、マンUはまったく違うチームになる。
アーセナルも迫っているが、彼らは首位を狙える位置になるといつも、おかしなことをやらかす…バーンリーと引き分けたりな。
だから、チェルシーに対して優勝への道は開かれている。プレミアですべてうまくいくように願っている。

しかし、もちろんCLは別だ。われらインテルがチェルシーと闘うのだからな
確かに難しい抽選結果になったが、それはチェルシーにとっても同じはずだ。だから私たちは勝ちに行く、間違いなく!


●セレブレーションはやらない

ポルト時代、2004年のCLマンU戦でライン際まで駆けていった時のことは忘れられない。だが、SBではやらない。セレブレーションもしない。
インテルが勝っても、私は何もしない。私はチェルシーと愛し合っていたのだから、私はセレブレーションをしない
私はいまでもこのクラブを愛しているし、このチームで働いている人々を尊敬している。ファンや選手のこともだ。アネルカとイバノビッチ以外は、まだ私のチームなのだ。私にとってとても重要な人々なのだ。


●みんなから歓待されて

私はここに宿題をやるために来たのだが、同時に感激を得るためにやってきた。
できるならCLの前に来たかった。なぜなら、戻ると不思議な気持ちになることは分かっていたからだ。美しく、そしてとても不思議な気持ちに。
冷静に、集中して、かつリラックスした気持ちで試合を見たかった。プロフェッショナルな気持ちで、試合だけに集中したかった。
だから、今日のことは私にとってはすべてハプニングだ。あふれてくるいろいろな感情を楽しみ、ただ受け止めるしかしようがない。

最初にスタジアムから離れたところにクルマを止め、そこから歩いてきたのだが、すぐにファンに取り囲まれてしまった。
スタジアムに着いて、ここで一緒に働いていた人々みんなと会った。私が来ることをみんな知っていて、あいさつしに来てくれた。アシュリー・コールに会った。ジョン・テリーやフランク・ランパードとも話した。みんな暖かかったよ。
ローマン(・アブラモビッチ)は仕事でいなかったが、電話をくれて、とても親切にしてくれた。「私のボックス席を使ってくれていいよ」と言ってくれたので、そこで誰にも邪魔されずに宿題をすることができた。

しかし、多くの人に注目されたことについて不満を言うつもりはない。
これは帰省のようなものなのだ。すべての人たちから愛を感じた。じんとくる、とても感動的な経験だった。
ファンはみんな、「お帰り」とか「戻ってこいよ」と言ってくれた。「チェルシーに戻れないのなら、プレミアにでもいいから戻ってこいよ」とすら言ってくれた。でも、ほとんどの人たちが「チェルシーに戻ってこいよ」と言っていたよ

2009.12.07

テリー君、29歳の誕生日おめでとう

 トモダチコレクションでテリー君のキャラクターを作っているのですが、「今日は僕の誕生日です。お祝いしてくれますか?」といわれて気づきました!
 おめでとうございます~!
 ついに三十路一歩手前になっちゃいましたね、これからもずーっとチェルシーのシンボル、闘将であり続けてくださいね。

 私のほうがずっと年上ですけど(笑)、お父さんのように頼りにしてます。