« | »

2007.05.07

Jose Mourinho

050701.jpg
 報道によると、試合後チェルシーファンからモウリーニョコールが起きたみたいですね。モウさんはそれに応えて出てきて、「俺じゃなくて選手を褒めてやって」と指を差したみたいです。
 かっこよすぎるわ。
050702.jpg
 モウ父ですな…
 きっとテリー君は「いかんといてね監督」って言ってるに違いない。

 振り返ってみればこの試合、ガナと闘っていたという記憶はあまりないんですよ。不思議なことに。あんなにライバルだったのに。
 どうやって”シーズン最後の試合”をプレイするか、ということに尽きたと思う。臭いこと言うと、敵は自分自身だった。
 それに、エシアンのゴールは応えてくれた気がします。
 いろいろあるけど、負けへんで。疲れてても、最後まで諦めずに走るで。
 そういうチームなんだと宣言した試合だったと思います。



REACTION: I LOVE MY TEAM MORE THAN EVER(公式)

 HT時、誰もが「終わったな」と思っていたに違いない。だが後半10分ほどたった時から、誰もが「チェルシーは勝つんじゃないか」と思い始めたと思う。それこそが、常にチェルシーが持ち続けたチームスピリットである。
 特別な選手たちが集まったことで生まれたスピリットである。
 彼らにも言ったのだが、私は、これまでの2シーズンよりもっと選手たちを愛しているし、彼らをより深く信頼するようになった。そしてもう、来季の準備はできている。
 明日始まらないのが残念なくらいだ

 王者の地位を失わなければならない日が、いつかは来るはずだった。常に周囲の者には話していた通り、その日が来たら私は自分を責めず、選手たちを責めるまいと考えていた
 そして今私は自分も選手たちも責めようとは思わない。
 あらゆるタイトルを獲っていると、全力を尽くさなかったり、野心を失ったりしてそのタイトルを失ってしまうことがある。自分や選手を責めるべきなのは、そういう時である。しかし、今シーズンはそれとはまったく逆の状態だった。

 気楽に1年やりたいのなら、簡単に優勝できる国に移るさ。イングランドのような国では、年に60試合もやるのだから、お互いを知り尽くしている状態はなんら不思議ではない。
 誰しも、過ちを犯す。勝っているときですら、過ちから逃れることはできない。完璧なシーズンなどありえない。
 私は今季についても、いつもの試合と同じように分析するつもりだ。

 マン・ユナイテッドはチャンピオンであり、私は監督、役員、選手たち、そして彼らに協力したすべての人々におめでとうと言いたい。
 もちろん、水曜日にはguard of honour(トンネルの外に並んで勝者たちを祝福すること)を捧げる予定だ。
 去年、OTで彼らが私たちを迎えてくれたのと同じように

add to hatena hatena.comment (1) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 1

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

私は、JOSE公認の単行本①、②とも読ませて戴きました。①は正直スーベルリーガに疎いのと、ラテン気質が得意でないので一歩引いてしまった。バイオ・ドキュメンタリーとしてはまあまあかなあ~と…。っと同時に②の様な内容が読みたいと思っていたので…。特にイングランドのフットボール、チェルシーに来てからのモウさんが知りたい方は②だけ読めば十分かなア~と…。考え方、価値観、指導者として、人となり…ッ。可也面白かったです!!