« | »

2007.06.09

ジョー・コールはイングランドの至宝



 下のエストニア戦のエントリで、つい渋いことを書いてしまいましたが、blogresoのエントリを読んで書き漏らしたことがあるのに気が付きました。

 ジョーのゴールは素晴らしかったなあ…
 世界一のテクニシャンだよあんたは。(ホナウジーニョなんか及びもつかんわ)

 胸ボレー->振り向きざまのシュート、って何回か見たけど、どろさんといい勝負だな。
 かつ、ロングスローはブリッジだよ。
 クラウチもあそこでよく落としてくれた。
 ああいうプレイがそこかしこに見れるようになれば、「ベッカムだのみ」とか言われなくなるのにぃ。
 その上、「0-0で折り返すのか」と思われたところで決めた重要なゴール。これで一気に雰囲気が良くなったし。
 上の映像でも、実況は「W杯クロアチア戦のゴールと同様、重要なタイミングでのすばらしい個人技」と褒めてくれてます。

 シュートを決めたジョー、ブリッジに飛びついて頭をなでなでしていたのがかわいかったです。
 2007/08のプレシーズンこそは、怪我しないように気をつけてね。

 あのシュートを説明したら、Jリーグファンに「高原みたい!」とか言われました。
 逆じゃないのか…(笑)

 最後の、テリー君がポスト内ですんでのところでシュートを掻き出したところもチェルシーボーイズ面目躍如でしたよね。あれはテリー君らしかった。
 それに比べて漫遊の存在感のなさよ…(ガナの存在感のなさは前から有名だが)

add to hatena hatena.comment (2) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 2

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

ジョーってどっかいたずら坊主っぽいですね。
素晴らしいゴール!!クラウチ君はリーグ戦でも大活躍してましたが、あの細い体のどこに押し出す力があるんだろ?と常に疑問です。(・・?

マン・U出身で存在感のある代表選手はルーニーだけだったのに...昨年の夏以来彼も元気がないんですよねーーー。(反省しろ、C・ロナ!)

いたずら坊主にはもっともっと活躍して、世界中に存在を知らしめてもらいたいものです。
クラウチのあのヘディングには唸りました。ああいうのがいつもできれば「背が高いだけ」とか言われなくなるのに。

飯の話が出るたび、「ルーニーはなにやっとんじゃ!」と悔しい思いをしてしまう私です。ったく。代表で活躍しろっ。クラウチを見習えっ。