« | »

2007.06.09

イングランド代表、給料返上によるチャリティー計画を立ち上げ

England: We’ll play for free(Daily Mail)

 イングランド代表選手は「Team England Footballers’ Charity」を組織し、これから代表試合でFAからもらうお給料をそっくり返上、2010年のW杯までに100万ポンド(約2億5000万円)をがんや子供たちのホスピスなどに関するチャリティーに寄付することを明らかにしました。今後500人が出席するパーティなどを通じても寄付金集めをするそうです。

 現在FAでは、勝てば1500ポンド(38万円)、引き分けは1000ポンド(25万円)、負けの場合は750ポンド(19万円)を支給しています。これを年間10試合として、23人全員が払うと、大体4年で100万ポンドはいくだろうという計算です。
 今後4年間、レギュラーであるTerry, Owen, Neville, Frank Lampard, Jamie Carragher, Rio Ferdinand and Steven Gerrardの7人は、毎試合5万ポンド(約1300万円)を寄付することを決定したそうです(寄付の方法は、1年ごとに見直し)

 関係者であるベッカムのマネージャ、Terry Byrne氏が語る。

 私たちは「世界を救ってあげよう」とか言うつもりはありません。しかし、イングランド代表選手はチームとして、何かをして事態を変えたいと思っています。自分たちの名において。
 これを聞いて、「おいおい、1週間で5万ポンド(約1300万円)儲けてるような奴が何言ってるんだ?」と言う人もいるかもしれません。ですが、選手たちは別にチャリティーに参加する義務はないのです。それでも、参加することを選んだのです。何か良いことをしたいと考えたのです。

 イギリス人にとってチャリティーは仕事のうちですからね。
 それにしても、「I’m not going to say we’re saving the world」と言ってしまうところが好きです。「We are the world / We are the children / We are the ones who make a brighter day / So let’s start giving」と言い切るアメリカ人に比べてこの謙虚さが好きだ。


Free Lions(Sun)

 いつも見出しでダジャレをやってくれるサン。
 お給料返上=ただ働き、ということで「フリー・ライオンズ」。もちろん「スリー・ライオンズ」のもじりです。
 と思ったら、ミラーも同じだ(笑)


Bentley responds to U21 criticism(BBC)

 こちらはU-21の話なんですが、黒板のデービッド・ベントリーが「疲労していて、このままで続ければ来季に影響があるのでで出たくない」と召集をボイコットしたそうで、ピアースが怒り狂っています。

For me, representing your country is not about what suits you, it’s about what suits your country, whether it be on the sporting field, whether it be in the armed forces.
When your country comes calling, you put them first and yourself second.
 私にとって、代表として出場することは「出ることが自分の都合に合うかどうか」ではない。まったく逆だ。「自分が出ることで代表のために何ができるか」という問題である。それはスポーツだろうが兵役だろうが関係ない。
 祖国が自分を必要とする限り、それを最優先とすべきであり、自分個人の都合は二の次である。

 これに対してベントリーが反論。

 代表に出ない方が自分のキャリアのためになると思いました。
 私は黒板のファンにも大きな責任を負っています。毎週僕たちを見るためにお金を払ってくれているのですから。
 出ないと言ったら、ピアース監督はがっかりしていました。自分の決断が問題になることは十分分かっています。僕は祖国のためにプレイすることが好きです。出場すれば、全力で戦います。

 今回、僕には3つの選択肢がありました。クラブが僕を出さないこと、自分で「出ません」と言うこと、そして怪我を装うことです。
 僕は正直な男で、ロボットではありません。だから自分で意見を持ち、自分で決めたのです。自分の体にどうすればいいか聞いてみなくてはなりません。

 まあ双方の意見は分かるんですが…ピアースのような熱い男からすれば、ベントリーのクールな態度は信じがたいでしょう。


TERRY’S A TV INSPIRATION(mirror)

 そのU-21の副キャプテン、Steven Taylor(新城)は、家にテリー君のDVDコレクションを持っているそうです。コーチとかに「見ろ」といわれたんだそうで。
 あこがれちゃってるらしく、いろいろ褒めてくれています。

add to hatena hatena.comment (1) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 1

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.