« | »

2008.03.07

モウリーニョ「チェルシーの監督に戻せ」

I want my Chelsea job back(The Sun)

 サンはまた、センセーショナルな見出しを…

 チェルシーに戻りたいかと聞かれて。

 Yes, why not.(答えはイエスだ。どうしてイエスでないだろう)
 戻りたいよ。もちろん、もちろん戻りたい。
 先週もアブラモビッチやケニヨンと電話で話した。連絡は取り合っている。いつも、成功をおさめるようにエールを送っている。ただ、主な話題は家族とか友達や近況のことだ。これまでと同じように。
 私の退団は、双方合意のもとだった。これは事実である。
 彼らと話すことには満足している。いつかチェルシーに戻ることがあるかどうか…そんなことはないと誰に言える?
 私はいまだに、チェルシーを自分の一部のように感じている。私の心には永遠にチェルシーが住まうだろうし、祈るのは彼らの幸運だけだ。

 why not?はモウさんの口癖であり、「俺に仕事を返せ!」と言っているわけじゃないよね、これは。
 社交辞令というべきでしょう。
 とっても、残念だけどさ・・・・・・・・・・・・・・・

 サッカー界におけるモウリーニョという人材は、私が言うのもなんだけど、これから頂点を極めるべきだと思う。チェルシーはそのための布石、とまでは言いたくないけど、ステップでしかありえないと思う。
 モウさんはチェルシーでの仕事を愛してくれたし楽しんでくれたのは間違いない。それは、ファンにとってはすごくうれしいことだけど、彼が最終的に手に入れたいものはチェルシーでは得られないんだと思う。だから、少なくとも今は戻ってくるはずない。
 たぶんもう、彼の得たいポジションは(そこに空きがあるなら)もらえるんじゃないかな。それはイングランド以外で、だろうけど。

 しかし油は、来季もグラントでやるつもりなんだろうかね。
 素人サッカーファンに言わせてもらえれば、なんか監督としての「華」がないんだよね。よくも悪くも、プレミアの上位チームの監督には特色があるじゃん。
 たとえば、
 ・ベンゲル:愚痴っぽい ・ファーギー:暴言爺/武闘派組長 ・ラファ:ころっころタヌキさん/ネタチームの頭領
 グラントにはそれがない。そこがつまんない。

add to hatena hatena.comment (1) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 1

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.