« | »

2008.03.07

テリー「俺たちのことは、忘れててくれていいから」

John Terry prepares to make late push in title chase(The Times)

 チェルシー主将ジョン・テリー、カーリングカップ決勝での敗戦以降について語る。

 ハマーズ戦とオリンピアコス戦は、過去最高のできに入る内容だったんじゃないかな。
 チェルシーというとみんな、ロングボール頼みっていう古いイメージを持っている。でも、あの2試合で、俺たちはどんな強敵とも闘えるということが示せたと思う。別に「今日はこういうふうな試合にしよう」とか考えてやってるわけじゃなくて、その時々の事態に対応してるだけだ。敵がどういうふうに仕掛けてくるかを見極めることしかできない。オリンピアコスも少々攻撃してきたけど、上手くパスを回せたと思う。

 カーリングカップ決勝のあと、俺たちは自己反省をしないといけなかった。負けた後っていうのは、どんなビッグクラブの選手だって、どうして負けてしまったのかを自分自身に尋ねてみないといけないんだ。俺たちはそれを経たから、その後2試合上手く軌道修正することができたんだ。
 敗戦は学習曲線(learning curve)の一環であり、何かを学ぶための過程にすぎない…なんて言うのは簡単だよ。でも、その後数日間くらいは、負けたという事実を受け入れることすらできないもんだ。あの試合を経て、これからも調子が上向いていけばいいと思う。願わくば上昇基調が、シーズンの終わりまで続きますように。

 プレミアでは、ガナと2位以下のポイント差が縮まっていることについて。

 俺たちのことは忘れたままでいてもらいたいね。俺たちのことを思い出し始めてる人も少しはいるようだけど、スポットライトが当たっている状態とはいえない。できるかぎり、最後までこのままいきたい。そして、いきなりプレッシャーを与えるんだ。
 もちろん、勝って優勝したいという気持ちはまんまんだよ。

 現在、試合消化数が1つ少ない状態で、ガナとのポイント差は7です。でも私も、まだ射程範囲内だと思ってます。
 ガナと1ポイント差しかない漫遊のプレッシャーよりは楽にいけるんじゃないでしょうかね。

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.