« | »

2008.09.16

アイルランド領事館、レンジャーズのチャントにクレーム

Concerns raised over famine song(BBC)

 英国のサッカーファンの歌うチャントには辛らつな即興ものが多いのですが、これもひどい。
 (ファンにアイルランド移民の多い)セルティック対レンジャーズの超ダービー「Old Firm」で、セルティックに対して

“The famine’s over, why don’t you go home?” (飢饉は終わったよ、だからおうちにお帰んなさい)

というチャントをレンジャーズファンが歌って、アイルランド領事館がクレームを挙げたそうです。

 日本人だと「飢饉が何だっての?」と思う人が多いと思いますが、この飢饉はいわゆる「じゃがいも飢饉」(Potato Famine)という特定の飢饉のこと。
 wikipediaによると、19世紀のアイルランドで主要食物のジャガイモにジャガイモ疫病が発生し枯死したことで起こった食糧難をきっかけに、10年でほぼ150万人が亡くなったと言われており、100万人以上のアイルランド人がイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどに移民。その後10年でさらに100万人が移住を強いられました。アイルランド移民は世界中にたくさんいますが、その悲しい歴史のきっかけとなった重大な事件です。1
 つまり、このチャントはそれを知っていて、「アイルランド人はアイルランドにけーれ!」と言ってるわけです。
 アイルランド人(移民)にとって、これはちょっとしゃれにならないというのがお分かりになっていただけたらと思います。

 まあ、この手の侮辱的チャントは数限りなくあるんですが。(メロディーはチャーミングだが内容はひどすぎる「In your Liverpool slum」とかもその類だわね)


  1. アイルランド移民についてはこちらをどうぞ [back]
add to hatena hatena.comment (1) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 1

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

グラスゴー、Old Firmの「お歌」の応酬について――背景は北アイルランド紛争です。

Old Firmの試合で、レンジャースのサポが「じゃがいも飢饉は終わったんだから、アイルランド人は国に帰れ」という歌を歌いました。「サポ同士の応酬の歌」ではありません。明白に「排…