« | »

2008.12.18

私は結局どちらを応援したのか –クラブワールドカップ2008 準決勝 ガンバ大阪対マンU

 見てました。

 でも、日本語の実況はどうせめちゃガンバびいきで、かつ泣き虫1のことしか言わなくて頭にくると思ったので、英語の解説で見ました。
 そしたら、こっちは「ガンバ・オサーカもなかなか頑張ってますねえ。で、先日契約を更新したファンデルサールですが…」みたいな、終始漫遊中心の実況でございました。英語からして、北部のイギリス人だと思われます。
 大体、トンネル内の実況が、

実況「でも、サッカーは何がおきるか分かりませんしね。upset(番狂わせ)はいつも起きる可能性があります」
解説「私はそうは思いませんね。漫遊はソリッドで強いです」

 てな調子・・・・・・。
 日本語で見てた人は、こんなこと言われてるなんて知らなかっただろうけど。

 さらには、HTでサー・ボビー御大@体調は大丈夫なのか?、がでてきたじゃないですか。(さんまさんがサインをねだったりして軽くいなされたり2と、単なるミーハーになっていた。まあいつもそうか)
 アナウンサーのやった通訳は、時間の関係上もあるでしょうけどめちゃくちゃはしょっていました。
 サー・ボビーがほんとはどんなこと言ってたか、知ってます?

 前半、播戸のビッグチャンスのこと(ファンデルサールと1対1になったが、ブロックされた)を「very impressed(とても印象に残った)」とは言ってましたよ、確かに。
 でも、「ユナイテッドは今日は友好的な闘い方をしています。この意味、分かりますよね?」と言ってたのです。
 要するに、「友好的」というのは「漫遊はガツガツ攻めていない」という意味だったと思われます。
 勝ちには行くけど、ホスト国だしガンバの顔も立ててるよ、ということです。
 それでも、2点もリードされていたと。

 まあ確かに、漫遊はゴリゴリ行ってませんでした。
 手を抜いていたわけではないだろうけど、チェルシーやガナとやる時みたいな「お前の骨を砕いたる」みたいな殺気は全然なかったです。ファウルが少なかったことでも分かる。

 前半ガンバが取られた2点は、どっちもセットプレーからだったと思います。そりゃ、身長の違いはあるでしょうけど、それを割り引いたってかなりフリーにさせていた。ビディッチはまだしも、さんざん騒がれている泣き虫に対しても。
 ちょっとー、頼むよそりゃないよ、と私は思いました。
 イングランド代表として、漫遊にはいい試合を見せて強さを発揮してもらいたいとは思いましたけど、こんなにあっさり2点もやるなんて日本人としてはとても悔しかったです。
 播戸はとっても頑張っていたし、山口さんはなんというかMVPでもいいんじゃないかと思いました。
 でも、点を取られてもいいということにはならない。攻撃的サッカーは、守備は全然しなくていいということではない。必要な場面ではちゃんと守らないと。流れの中から崩された失点ではないだけに、もっと練習してよーと思って悔しかったです。
 かつ、漫遊のDF陣はふと気づくと4人はがっちりゴール前を占めていて、あたふたしている感じがまるでなかった。ミスがなかったとは決して言わないけど。


 後半開始後、英語実況が「ロナウドは決勝に向けて力をセーブしてますね」といいました。悪く言うなら手抜きです。そういえば確かに、前半フェイントやって「おおーっ」という大歓声が上がったけど、後半になってああいうシーンがあまりなくなりました。3
 用心のためビディッチを下げ、スコールズを下げたところでファーギーの「手仕舞いモード」が見えて、「ああもうこのまま終わりなのか」と思いました。あんまりそれでは悲しすぎるじゃないかと。
 さらには、せっかく1点返して盛り上がったのに、出てきたばかりのルニ坊に決められ、なんと4分で3点も返されてしまいました。インド人…じゃなかった、りばぽもびっくりです。4
 30分からの4分間は、まるで悪夢みたいでした。ガラガラと崩れる音が聞こえるようだった。完全に浮き足立っていた。
 どっちが勝っても、基本的にはどうでもいいはずの私でしたが、それでも「そんなあ・・・・・」と絶望してしまいました。

 Jリーグの応援というのは、イングランドフットボールしか見たことのない人にとってはちょっと妙な感じがあります。なぜなら、勝ってても負けてても常に同じ歌をずーっと歌い続けているからです。チャントというより、BGMのようです。
 実況も「こんなにリードされていますが、ガンバのファンはまだ歌い続けています」と言っていました。それでさらに悲しくなりました。
 「ガンバはvery very hardに闘ってるけど、相手は世界一の強いチームですから」みたいなことまで言われていました。
 相手にされてないような気がしてならなかったのです。


 しかし、これだけでは終わりませんでした。

 いや、正直FIFAの陰謀じゃないかと思ったのですが、83分に寝坊兄がハンドを取られてしまいます。5
 この時点で残り5分+injury time、点差は4点だったので、勝利はもう決まったようなものでしたから特に目くじらを立てる必要があったとは思いません。
 しかし、キャプテンマークを巻いた寝坊兄は眼を吊り上げて怒りました(兄のそういう真剣なところは好きですよ)。
 そして、われらがルニ坊(すいません、イングランド代表をしょってたってもらわなければならないので、彼には甘いのです)も一緒に審判に一応文句を言いに行きました。
(つい、くせで「あああー、カードもらうなよー」と思ってしまう私)

 真っ赤な小悪魔ちゃんたちとて、さすがに、ガンバには「エンドー」という、ある種らんちゃん6を超える妙な(?)PK職人がいることは耳に入っていたはず。
 だから、当然ガンバにとってはここが大きな見せ場になることも分かっていたはずです。

 個人的に今日のMVPはファンデルサールだったと思うのですが、その彼が、長い両手を広げてゴールマウスに立ちます。
 ガンバにはもっと頑張ってもらいたい、世界最高のキーパーの1人であるファンデルサール相手に、ころころPKを決めてもらいたい。それはどんなに胸のすく思いがするだろう。私はそう思いました。しかし、あまりに出来すぎた展開のような気がして、ちょっとさめた気持ちもありました。
 私は彼のことはオランダ代表として好きなので、つい「デュデクダンスだ!!7」と叫びました。

 遠藤は案の定、助走はものすごくゆるく、ボールを見ずに軽く流しました。
 ファンデルサールは、方向は読んでいましたがセーブできませんでした。
 結局、私はどっちを応援していたのか分からないのですが、ボールがネットを揺らした瞬間は喜んだように思います。
 しかし、それより気がかりだったのが、遠藤がその直後にファンデルサールのもとに駆け寄っていったことです。何を言いたかったんでしょうか。でも本人はまったく遠藤に反応せず、呆然としていたようでした。何を呆然としていたのか…。

 まあ、有名なころころPKが決まったことで、ガンバの面子も一応立ったのではないか。
 そう思ったすぐ後のことです。
 こういうのを見たかったのです!!!! 橋本さんのゴール。ガンバ、これはものすごく上手く崩せました。これなら、チェルシーも脱帽です(なんでや)。
 思わず大拍手してしまいました。
 もしかして、このゴールがなければ私は試合終了時に悔しくて泣いていたかもしれません。ファンでもなんでもないのに。
 それがどんなにいいプレイだったかは、ファンデルサールがゴールポストを蹴りつけ、寝坊兄がかすかに首を横に振ったことからも分かるはずです。


 私は素人なのであまりえらそうに聞こえることは言いたくないのですが、力の差は大きかったと思います。
 漫遊は、ガツガツ行ってなかった。「本気」と言われていたし、本当に主力を出してきた(これには日本人として、ファーギーに「ありがとう」と言いたい)けど、普通にまじめにやってただけで、殺気はなかったです。
 でも、ガンバも後味の悪い試合ではなかったはずです。
 私はそう思います。

 守りに守って1-0で負けるか、守備を捨てて5-3で負けるか。
 どっちがいいなんて誰にも決められないっしょ。


■続報

 さっき、近所の整骨院の先生で以前某J1チームのユースにいた人とお話してきたのですが、やっぱり力の差は歴然でしたねーという話。ころころPKを止めるのがいかに難しいかも話してくれました。
 それと、泣き虫のゴールに関しては「マークはしていたんだけど、ロナウドがそれを押しのけたため結果的にフリーになっていた」と。そのへんで力負けしてしまうところが、日本のサッカーにとってまだまだ課題じゃないかとおっしゃってました。確かにイングランドでも、あれくらいの押しのけではファウルにはならないと思うので。


 こちらはBBCの報道。

Gamba Osaka 3-5 Man Utd(BBC)


World Club Cup(BBC)

 これは606ですが、UKのファンによると、かなり厳しいことが書いてある。

 ガンバオサーカってチームのことを聞いたことがなかったので、試合を見てました。知ってたらよかったと思います。8
 これは「競技」なのに、全然「競争」になっていなかったのでないかと思います。バーミンガム対マンUだって、もう少し接戦になるでしょう。マンUはトレーニング・モードもしくはエキシビション・モードという感じでしたが、ガンバがまったく守備のやり方をしらないせいで、とても強く見えました。
 ガンバは攻めるのは上手でしたが、まるでアンフィールドでノンリーグのHavantが試合しているのを見ているようでした9。次回、郵便受けに招待状が差し込まれたら、UEFAにこう言ったほうがいいんじゃないですかね。「クラブワールドカップ? いや、結構です。髪を洗わないといけないので」と。

 マンUが参加することで、トーナメントの知名度が上がるというのは事実でしょう。
 相手(ガンバ)は、強いチームと対戦したことでいろんなことを学んだでしょうね。

 そのほか、「リーグ全体のレベルがプレミアよりまだ低いのは、彼らのせいではない。彼らはただ、目の前の敵を倒せばいいだけだ」とかなんとか…。


  1. クリスチアーノ・ロナウドのこと。すぐ泣くので [back]
  2. さんまさんは漫遊のエンブレムの入ったパーカーみたいなのを着ていたけど、それはないと思った。英国だったら、たとえばベッケンバウワーがゲストに来たとしても、アナウンサーやコメンテーターは絶対にドイツ代表やバイエルンのユニを着ることはない。そんなのは礼儀でもなんでもなく、真剣に自国のサッカーを応援していないという証拠にしかならない [back]
  3. ここで私は、「ジョーが日本に来てコネたら、こんなふうな歓声が上がるんだろうなあ…(*^o^*)と妄想に浸っていました [back]
  4. 言わずもがなだが、2004-05の欧州CLでリバプールがACミラン相手に6分で3点入れて追いつき、PK戦を制して優勝した「アタチュルクの奇跡」のこと [back]
  5. 前半にもハンドくさいプレイがあったのですが、ここは日本なので誰も「handball!!!」とは絶叫しませんでした [back]
  6. 言うまでもなく、イングランドとチェルシーにおける不動のキッカー、フランク・ランパードのこと [back]
  7. 上記の2004-05のCL決勝のPK戦で、ゴールの前で両手両足をくねくね動かして相手を翻弄し、シェフチェンコら3人のシュートを止めた伝説より。 [back]
  8. ガンバがどういうチームか知っていたら、見なかった」という意味 [back]
  9. 今年1月のFAカップ5回戦、リバプール対Havant & W’loovilleで、リバプールがカンファレンス・サウス(ノンリーグ。実質6部)相手に2度もリードされた試合。結果は5-2でリバプールの勝ちだったが、ハバントはアンフィールドで2度もリバプールをリードしたことに喜びお祭り騒ぎだった [back]
add to hatena hatena.comment (22) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (1) add to Yahoo!Bookmark (1) Total: 24

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

昨年チケットを譲ってくれる人がいたので下見と称して、もちろんアウターの下にはCHELSEAユニにマフラーで、3位決定戦と決勝戦を見ました。
3位決定戦でレッズサポーターが状況にかかわらず歌い通しなのはいつもの通りですが、驚いたのはその歌っていた彼らが決勝戦のマエにさっさとミランユニに着替えたことです。
Jと海外とは別ってこと?
あとはCHELSEA来た時に日本で盛り上がるのかどうか?心配でした。(金満チームと紹介されてもアレだしー)

ありえんな~。
2006W杯ドイツ対アルゼンチンにも、チェルシーのTシャツ着ていきましたよわたしゃあ。

チェルシーが来て盛り上がらない場合は、私たちだけで盛り上がりましょう! チケット取りやすくていいじゃん、と思うことにします。絶対、観戦オフしましょうね。
みんなでチャント歌うの楽しみです。きっと現地のファンも遠征してくると思うので、日本人が歌ってびっくりさせてやりましょう。

歌いましょう、歌ってやりましょう!
カモンボーイ!
2011年が楽しみです。

はいはいはい、海外厨ね

あんまりむかついた(そして身内しかコメントできないんだとさ、HA!)なので、トラ

> Pauloseniorさん

でも、最近ファンの知り合いと話していて思ったのですが、日本に来たらどういう取り上げられ方をされるかは火を見るより明らかなので、来ないほうがいいのかも…
それにクリロナみたいな取り上げられ方できる選手もいないし。
複雑な気持ちです。