« | »

2009.06.23

リバプールの債務、RBSがリファイナンスに応じる?

Liverpool close to bank debt deal (BBC)

 りばぽのロイヤル・バンク・オブ・スコットランドに対する債務(3億5000万ポンド)で、7月24日に返済期限を迎えるものについて、リファイナンス(借り換え)が成功しそうという話です。
 それほど細かく書いてあるわけじゃないんですが、「RBS will insist on significant payments in the subsequent six months」とあるので、これがリファイナンスできたとしても、6ヵ月後にも償還期限を迎える債務がいっぱいありまっせ、ということかな。(償還期限の分散化がちゃんとはかられてないってことか?)
 大体、どの程度の期間、どの程度の利率でロールオーバーできるんでしょうか。ちっとも書いてないので(というか決まってないんだと思いますけど)、これだけではよくわかりません。FTにも載ってない。

 りばぽに限らず、日本もそうなんですけど銀行さんは今どこも苦しくて、貸し渋りだの貸し剥がしだのやってる最中なわけで。
 リファイナンスの条件が厳しくなる(=より短期になり、利率がより高くなる)のは、りばぽだけの話ではございません。なんというか、綱渡りです。もちろん、リファイナンスできるだけでも恩の字とも言えるのですが。


Liverpool walks on(BBC)

 あんまりレバレッジ効かせすぎた借金経営してると、でかいツケが回ってくるで、って話。それは、ベニーテスでもゴードン・ブラウン(英首相)もおんなじ。

(つまんないネタかもしれませんが、こんなこと日本で書くのは私くらいかなと思って、勉強のためにも取り上げてみました)

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

も,どんどん書いちゃって下さい.

マジで借金が大変なのに,あいつを獲れとか,こいつを獲れとか,無邪気すぎる話が結構酷いんですよ.で,「借金あるみたいだけど,大丈夫っしょ」とか.勘弁して欲しいです.リーズを見ればあり得る話なんだから...

というわけで,啓蒙のため,チェルシーの話を置いてでも,どんどんとヾ(`Д´)ノ!!

そうですねえ、レバレッジはある程度ならいいんですが、お財布の範囲内で家計をやりくりする…という姿勢も重要だってのは個人でもクラブでも同じでしょうね。
そういえば、ブログは再開なさらないんですか?