« | »

2009.06.26

[音楽]Man in the mirror –R.I.P., MJ

最近の若い人たちは、マイケル・ジャクソンを知っているんでしょうかね。

彼については、ThrillerとかBadとかBeat itといったヒット曲が思い浮かぶ人が多いと思います。
私に関しては、なんといっても「Man in the mirror」です。
私は特にMJのファンではなく、CDも1枚も持っていませんが、この曲だけは折に触れて思い出します。

I’m starting with the man in the mirror
I’m asking him to change his ways
And no message could have been any clearer
If you wanna make the world a better place
Take a look at yourself, and then make a change

鏡に映った男のことから始めるんだ。
僕は鏡に映った男に言う、「自分を変えろ」と。
何より明らかなメッセージ、それはこういうことさ。
「世界をもっと良くしようと思ったら
 自分自身を見つめて、そこから変えなきゃ」

せちがらい毎日を送っていると、自分の思い通りにならないことも多く、自分の思い通りにしてくれない人も多く、うまくいかないことは他人のせいにして、他人に対して頭にきてしまうことも多いです。
「あんたがそうだから、こうなってしまうんだ」と。
でも、そういう時によくこの曲が頭の中で鳴っていました。
「鏡に映ってる人から変えないと」
「世界をもっと良くしようと思ったら、まず自分から変わらないと」

自分を変えられないのに、他人なんて、
ましてや世界なんて変わらない。


You’ve got to move!
Come on!
Stand up! Stand up! Stand up!
Stand up and lift yourself, now!

Make that change.



BBCがニュース番組をネット上でストリーミングしてくれていたので見ていたのですが、日本の報道よりも「彼が黒人だった」点がより大きくクローズアップされていた気がします。

彼が出てくるまで、MTVでは黒人の音楽は流れていなかったこと。
彼がracial barrier(人種の壁)を破ったこと。
ある記者はこうも言っていました。
彼は、白人になりたかったわけではない。白人でも黒人でもない、ピーターパンになりたかったんだと。

不世出の人だったと思います。

add to hatena hatena.comment (1) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 1

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

>不世出の人だったと思います・・・

ロックウイズユーですかね私は。70年代後半アース・ウインド&ファイヤーらがソウルダンスナンバーで音楽シーンをリードしました。
80年?にこの曲がリリースされ、後の80年代のポップスの時代(メロディーの時代とも言われる)の幕開けへのショックアブソーバー役になったのですね(個人的な見解ス)。
その意味では自分が変化を誘って、メガ金字塔を打ち立てたのですから、絶対に後世でこんな方は生まれてこないでしょうね。

いうなればこの方は「掛け算」でブレイクした訳です。
「※音楽性」×「MTV」=金字塔 並みのアーティストはこれが足し算ですからね。※音楽性=容姿・声・唄・曲・ダンス・個性等が含まれる・・・

彼は歌もうまく、のちの黒人ボーカルの発声にも影響を与えました(・・・・ダッ! や フォー!!など)そしてダンスはあのいもあらいざか係長にも・・・ 

是非興味のある方はスムースクリミナルのMTVをご覧下さい。速度加工しているとは言え、常人離れしたダンスでございます。   合掌

私はタイムリーには知りませんが、「スリラー」をYouTubeで見て、かっこいい!!ダンスめちゃめちゃかっこいい!と思ったのを覚えてます。
つい昨日、「Black and White」の歌詞の意味を初めて知りました。今までの作品を全部聞いておきたいなと思いました。歌詞も。
しばらくは買えそうにないので、しばらく経ってから買いに行こうと思います。
別にファンではなかったんですが不思議な気分です。。。