« | »

2013.08.20

雑感

2006年の本帰国以来7年もたってしまいました。英国には1999~2006年までいたので、そろそろ英国滞在期間と帰ってからの期間の長さが同じくらいになります。無我夢中でやってきたので、もうそんなになるのかぁと思います。
当初このブログは、せっかくプレミアリーグの地元にいるので、そこで見聞きしたことはきっと日本のファンの役に立つだろうと思って情報発信のために始めました。ホームの試合はたいてい見に行ってましたので観戦リポートも書けましたし、何よりスポーツ記事の翻訳が屋台骨になっていました。
ですが、帰国してしまった今となっては現地からの観戦リポートは書けませんし、スポーツ記事の翻訳サイトは乱立しています。私がわざわざ訳す必要もありません。最近では、ツイッターでものすごく早く翻訳が出てきます。
その中で、私がこのブログでできることって何なのかなと考えるようになりました。

私が思っていたよりはるかに、日本のファンはプレミアの細かい情報について知っています。
私なんかよりずっと前からチェルシーを見ていた人も多いです。
時差の関係で、英国にいた時ほどじっくり試合を見ることもできなくなりました。
そのなかで、いったい私は何ができるのか? 何を発信できるのか?
特に何もないような気がしてきました。
何か思いついた時には、ツイッターで単発的につぶやくようにしていますが、ブログで書いた方がよいようなまとまった文章を書く必要があるのかどうか。
(帰国後も、長文を書きたい時はまれにこちらで書いていましたが)

情報発信をすることを「義務」と考えてガチガチにとらわれる必要はないのかもしれません。
それにとらわれると、明らかにこのブログの存在意義はなくなってしまいます。
また、今やどの程度いるのか分からない読者が何を期待しているのか、それにこだわる必要もないのでしょう。
誰かのためではなく、自分がやりたいようにやるしかもうないのかなと思ってます。

せっかくモウさんが帰ってきたので、もう少し更新する頻度を上げたいなという気持ちが出てきたのですが、その前に改めてこのブログの意義を考えてしまったので、とりとめもなくこんなことを書いてしまいました。

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

こんにちは。モウリーニョチェルシーの第一期に毎日のようにこちらのブログを拝見していたものです。

当時、CSにも加入していなかった自分はときおり地上波で見ることができた試合やすぽるとで流れる海外サッカーのニュースしかチェルシーを追うことができない状態でした。

そんな頃、チェルシーの情報を毎日のように更新してくださったこちらのブログは私の「日常」でした。

モウリーニョが一度去ったあと、ご帰国されたのもあるのでしょうが、更新がだんだんと減っていったのをさびしく感じてもいました。

ただ、チェルシーがずっと大好きなのですが、それ以上に「モウリーニョ・チェルシー」が心に残っていたのだと開幕戦を見たあと、ひとつ前の記事を読んで気づかされました。

また、こちらのブログで書かれるモウリーニョ・チェルシーの記事楽しみにしています!

あと、テリーに関しては本当にそうですよね!モウリーニョ政権、第一期の時のような熱い熱い守備が見れた気がします。いつも熱い男なのですが、何かが違って見えました。